脱力系子育てのススメ FROMシモカワ @札幌

2018年2月1日

肩の力を抜いて子育てできる場所だって、きっとあると思う。

北海道下川町


私の子育て周りからどう見られてるんだろう…
子育ってって孤独な戦い…

それってなんだか息苦しくない?ちょっと切なくない??

肩の力を抜いて子育てできる場所だって、きっとあると思う。

道北の森林に囲まれた下川町という地域で、現在子育てをしている2人が、ゆる~く等身大の子育てをお話しします。


■カスタマイズって??
申込時に、地域での子育てについて知りたい事・疑問・悩みなど簡単に記入します。

例えば
・下川町での子育てってどんなの?
・新たなチャレンジを始めたいけどできるかな?
・お仕事ってあるの?
・治安はいい?
・そんなに寒くて大丈夫?…etc.

どんな質問でもOKです。

当日はその質問に沿って、参加してくれる人に合わせたカスタマイズトークイベントを行います。
決してかしこまったものではなく、座談会のようにみんなで地べたに座り、ゆったりと地域での子育てについて包み隠さずお話しします。
別館一棟を貸し切りにして、授乳室も用意しているので子連れでも安心です。


■日時
3月4日(日)14:00~16:00


■場所
UNPAPPED HOSTEL(http://untappedhostel.com/jpn/about.php)別館
札幌市北区北18条西4丁目1-8

■参加方法
下記参加申込フォームに必要事項を記入の上、送信。
http://ur0.biz/IkcR

※もしくはタウンプロモーション推進部info@shimokawa-life.infoまで必要事項をご記入の上ご連絡ください。


■参加費
無料

奈須

■ゲスト(敬称略)
・奈須 憲一郎
愛知県名古屋出身。1999年に縁あって環境未来都市・北海道下川町に移住。森林活用や地域づくりのコンサルティング、ボードゲーム制作も行う。6歳と11歳の女の子の父。eggplant代表、下川町議会議員(2期目)。

・立花 祐美子
北海道岩見沢出身。結婚を機に下川町へ移住。現在は下川町産業活性化支援機構タウンプロモーション推進部において、移住定住コーディネーター・タノシモカフェの運営等ワーキングマザーとして日々奮闘中。7歳の女の子と11歳の男の子の母。

美花夢

■プチギフト
下川町の小麦を使ったCafe美花夢のクッキーをプレゼント。下川町に生息するエゾリスをモチーフにしたかわいいクッキーです。
また、ソーリー工房のカモミールハーブティ・下川町のトマトジュースを用意してお待ちしています!

■お問合せ先
下川町産業活性化支援機構タウンプロモーション推進部
tel:01655-4-3511 mail:info@shimokawa-life.info

SHARE

LINE@ 移住相談はじめました