arai-01
arai-02

終わりのない、答えのでないものを、
ずっと考え続けていきたい。

Profile

荒井 友香

31歳 塾講師
茨城県出身 2015年に移住


「最近読みなおしている高校数学の教科書がとってもおもしろいんですよ。こうやってらせん状につく葉っぱも、計算で導き出せる。生活と勉強がリンクするのっていいですよね」 茨城県水戸市で生まれ、子どものころから憧れていた北海道に移住するために、北海道の新聞社に入社した荒井さん。共同で運営する畑の中で草をむしりながら、こんな風に話してくれた。「学び続けたい、考え続けたい」という彼女が、記者という仕事を辞めて下川町で得ようとしているものとは。

arai-02

荒井 友香

31歳 塾講師 茨城県出身 2015年に移住

答えの出ないものをずっと考え続けたい

昔からいろんなことをああでもない、こうでもないと考え続けることが大好きでした。中学・高校と吹奏楽部で、音楽系の進学を考えたくらいがんばっていましたが、こういったアートの世界って、才能の差が歴然とあって、ある意味、先が見えるんですよね。その努力では補えない差って、子どもでもはっきりわかってしまうんです。 その影響なのか、高校生のころから、すぐに結論がでないようなものを考え続けたいと思っていました。社会はどうあるべきとか、環境問題とか政治、福祉なんかもそうですけど、複雑に課題が入り組んでいて、一面を見ただけでは言い切れないですよね。そういったことを考えるという行為は、だれかにかなわないとか、勝ち負けとか関係なく、終わりもない。どこまでも自分の頭で考え続けて、自分でがんばれる。そんな風に生きていきたいと思ったんです。 東京の大学に進学して、学んだのは都市社会学。新宿ゴールデン街に出入りして、飲みに来る人たちの動向調査なんかをしたりしていました。店で隣に座った人と話して、どういう人がどういう店をハシゴするのか、そこから見えてくる関係性やコミュニティ、属性なんかについて調べるんです。「答え」なんてないですよね(笑)。

自然農の畑で草むしり

自然農の畑で草むしり

天気の良い午前中は、共同で管理している畑に出向いて草むしり。夏から秋にかけては次々できる野菜でバーベキューも。

午後は塾講師として、子どもと向き合う

午後は塾講師として、子どもと向き合う

荒井さんの収入源は、塾講師。学年はもちろん、一人ひとりの習熟度によって教え方を変え、工夫しています。

自分の頭で考えて、創り出す。そのフィールドを求めていた。

東京の大学を卒業後、北海道に就職したのは単純に「憧れ」です。中学校の卒業文集に「北海道に移住する」って書いてあるんですよ。念願だった新聞社に入社後は札幌、滝川、苫小牧と支社を転々としながら、たくさんの人を取材して回りました。第一線で活躍している方々の記事を書いていたら、自分も何かを生み出したいなという思いがふつふつと沸き起こってきたんです。誰かをサポートするのではなく、自分の手で直接的に動かす・考えたいなと。あと、環境問題の記事を書く一方で、仕事で夜遅くまで電気を使って、車もたくさん乗りまわす…といった自分の生活とのギャップも気になり始めていました。 そんなときに旭川で開催された起業セミナーにふらりと参加して、そこで下川町に出会いました。下川のNPO法人「森の生活」の麻生さんが講演されてて。その一週間後には、下川町に行きました。 麻生さんに案内されて農場レストラン「モレーナ」に行ったら、お店の片隅で「学びの会」が開催されていて、そこで普久原(ふくはら)さんに出会いました。哲学者みたいな雰囲気で「じゃあ、これも一応渡しておこうかな・・・」といただいた、「ことのは」という通信もおもしろくて。その後、数回下川町を訪れているうちに、普久原さんが経営する塾の求人を発見して、7月には移住。初めて下川に足を運んでから4か月。早いですよね(笑)

荒井さんの一日

ON

07:00 起床、朝食
09:00 美桑の森の畑へ行き手入れ。
11:00 温泉施設で入浴
12:00 自宅で昼食。仕事の準備など。
14:00 公民館へ向かい塾講師の仕事。
18:00 仕事の合間をぬって、持参したおにぎりで夕食。
22:00 帰宅。ストレッチなど
23:30 就寝

OFF

09:00 起床、朝食。
10:00 読書。量子論についての本。天気が良かったので、太陽光発電で洗濯機を回す
12:00 昼食
14:00 読書をしているうちに宇宙に触れたくなり、名寄市の天文台へ。
18:00 帰宅、のんびり
19:30 友達とアポロで夕食
22:00 帰宅、就寝

学びたい・考え続けたい自分と、教える仕事がリンクする

移住して変わったのは、考える時間が増えたことです。記者時代はいつも外へ外へと向かっていましたし、情報のインプットもとても多かったんですけど、それががらりと変わりました。平日の午前中は、日によってバラバラですが図書館で読書したり、普久原さんが主催する歴史の自主ゼミに参加したりしています。時には温泉にいったり、仲間とサイクリングにも行ったりもしますが。歴史ゼミは気の向くままに脱線して、神話について調べたりしていたら、1年経ってもまだ5世紀です(笑) このゆったりとした時間が「考える」には大切。宗教ってなんだろうとか、生物の定義とか。生物って実は定義があいまいなんですよ。でも、塾の子どもに聞かれたりするじゃないですか。動物と植物の違い、生命の定義、それなら地球も生物といえるかな、火星はどうだろう・・・なんて話していると、とっても楽しい。普久原さんとはいつもそんな話ばかりです。最近読みなおしている、高校数学、生物、物理の教科書もおもしろいですよ。高校時代は嫌いだったのに。 教育に携わりたいなんて思ったことはなかったのですが、「学びたい」自分と「教える」仕事がつながっているのを感じています。

自分はどういう人間か。日々の行動が「教育」につながる

子どもたちに影響を与えられることって、結局「自分がどういう人間か」ということだと思います。向上したい、視野を広げたい、社会の役に立ちたい・・・教える側の姿勢や生き方が、子どもに最も影響を与える、大事なことなのではないかと。私の場合には「学び続ける・考え続ける」ということがそれにあたるんでしょうね。 とはいえ、これが天職かどうかはわからないです。それは、いま自分のやりたいと思っていることを続けることでしか見えてこない気がします。こういうものを成し遂げたい、みたいなものも特にあるわけではない。一つの真理はないから、勉強をし続けられるわけですし。下川って、いろんな価値観の人がいるんですよね。「街をこうしたい」「環境負荷の少ない暮らしをしたい」「森に携わりたい」とか、みんなが自分らしく生きています。忙しく働いてお金を稼ぐのも一つの価値観。そうでない生き方もまた一つの価値観。それが実践できて、そんな人を受け止めてくれる街なんだと思います。

Photo:seijikazui Text:Rie Kuroi

移住者へのインタビュー
minami

旅をしたら、地元の名産が食べたいでしょう。下川ならではの店をやりたい

2017.11.2

「どうぞ、いらっしゃいませ」 開店前の忙しい時間、私たちが訪れると、仕込みの途中だったのか白い前掛けを外しながら調理場から出てきてくれた…

minami

南 匡和

飲食店経営 札幌市生まれ

Read more…

komine

夢見てきた田舎暮らし。健やかでおいしいトマトを一生つくり続けたい。

2017.08.10

「この箱詰めが終わるまで、ちょっと座って待っててくれる?」訪れた私たちをちらっと目視したあと、笑顔のままで目線を手元に戻しつつ…

komine

中田 豪之助/麻子

東京都出身 2005年に移住

Read more…

komine

だれもが物々交換をしているような、地域と自然と経済を生み出したい

2017.07.11

「これ、どうぞ。今日のおやつです。妻が作ったのでみなさんも食べてください」そう言って差し出されたのは、ヨモギの蒸しパン。

komine

小峰 博之

福岡県生まれ 1998年に移住

Read more…

森の恵みを作品にする。「つくる」という人生を送りたい

2017.03.24

このあいだ、町役場から連絡が来て。町有林で出たパルプ材の中で欲しい木があったら、森に来て印をつけといてって言われてね。

usuda

臼田 健二

静岡県出身 2015年に移住

Read more…

takemoto-010

スポーツ、健康、医療、福祉。下川だからできる連携を生み出したい

2017.03.10

「あ、雪が降って来たねぇ。じゃあ、外に行ってみようか?」 和也さんの声に、待っていましたとばかりに「うん!」と答える娘さん…

takemoto-002

竹本 和也/竹本 礼子

2008年に移住

Read more…

visual-interview-03

終わりのない、答えのでないものを、ずっと考え続けていきたい。

2016.12.30

北海道に憧れて、大学卒業後に北海道新聞の記者として移住してきた荒井さん。道内を飛び回る充実した日々の中で、ふつふつと沸いてくる…

_mg_6991

荒井 友香

茨城県出身 2015年に移住

Read more…

visual-interview-02

森のあるライフスタイルを、私たち自身が体現していきたいんです。

2016.12.22

二人が出会ったのは2004年。すでに下川に移住していた大輔さんの勤め先である下川町森林組合に、真理恵さんが興味を抱いて…

_mg_7869

田邊大輔/真理恵

2004年に移住/2007年に移住

Read more…

_mg_7468

旅をして、自然の中で暮らす。自分のやりたいことをやると決めたんです。

2016.11.10

下川に移住を決めたのは、世界一周の旅の最中でした。もう5年も終わりのないような旅をしていたのですが、日本に帰ろうと思って。

_mg_7687

栗岩 秀彦

静岡県出身 1991年に移住

Read more…