いつでもチェンソーアートのことが頭にあります。
誰もやったことのない表現や技術で作品をつくりたい。

Profile

児玉(木霊)光

46歳 下川町森林組合、森林管理員・チェンソーアーティスト 愛媛県生まれ
1999年に移住


撮影に伺った日は、ちょうど下川神社に奉納する干支のチェンソーアートを制作中だった児玉さん。「今年で、12体全部そろうんよ」と親子のオオカミの形をした作品を見せてくれた。 いまやチェンソーアーティストとして世界的に有名な児玉さん。下川町の個性的な住民がもたらす、ちょっと前のめりの提案が、児玉さんを下川とチェンーアートへ導いた。

児玉(木霊)光

46歳 下川町森林組合、森林管理員・チェンソーアーティスト

林業には職人の技が詰まっている

生まれも育ちも愛媛県松山市の街中でしたが、田舎暮らしに憧れて、結婚後に松山市のはずれに移住しました。「そこで求人があったから」程度の気持ちで林業に就労したのですが、いざ始めてみるととてもおもしろかったんです。木を切る、植える、育てるというシンプルな仕事の中に、土質や地形の見極めや草の刈り方、自然災害時の知恵など、職人の技がたくさん詰まっていて。同時に北海道への憧れも抱き続けていて、林業の専門誌に掲載されていた下川町に興味を持ちました。そこで、アポなしで森林組合を訪れてお話しを聞かせてもらったんですが、帰ってきてしばらくすると内定通知が届いたんですよ。就職したいなんて一言も話していないのに(笑)。 そのときに、まあ、職や場所を探す手間も省けたし、いいかなと思って移住しました。僕は長男だし、愛媛を離れることに対していろいろ思うところもあったけど、妻が乗り気で、これもご縁かなと思って。4歳になる娘と3人で下川にやって来たんです。

奥深い森に囲まれたアトリエ

冬の早朝は-30℃を下回ることもあります

制作中のオオカミの親子

下川神社に毎年奉納する干支を彫ったチェンソーアート

仕事道具が遊びに使え、遊びの経験が技術を向上させる

来てすぐに、森人類(しんじんるい)という森林ボランティアのサークルに入りました。五味温泉の山に遊歩道をつくったり、都会から人を呼び込む林業体験ツアーの企画・運営をしたりして。友達もすぐできたので、さびしい思いはしなかったですね。その頃、僕が住んでいる近所に、自分の山を気に入った人に開放して、好きなことをさせてくれる人がいたんですよ。ある日、「テレビの取材がくるから、丸太をチェンソーで削ってアート作品を作ってみない?」と言われたのが、チェンソーアートを始めたきっかけです。山でも遊びでも技術が向上できるならいいなと思って。最初は時々チェンソーアートを作るだけでしたが、そのうち毎週末作品を作るようになり、人前でもやるようになりました。

2004年に初めて競技会に出て、2006年に優勝したのを機にチェンソーアートジャパンの契約カーバー(=チェンソーアーティスト)になりました。2008年にオーストラリアの競技会で優勝してからは海外からの招致も増え、今年は世界各国9つの大会で優勝3つ、2位が1つ、3位が3つ。現在も森林組合で働いていますが、海外の大会が増えると長期で休むことになるので、それを承認してくれている職場には感謝しています。

児玉さんの一日

ON

02:00 起床
03:00 アトリエへ行き、作品制作
06:00 家に戻り朝食
07:00 直接、仕事現場となる森へ。町有林の間伐
11:30 車の中で昼食と昼寝
12:30 仕事現場へ戻る
16:00 冬はこの時間に仕事終了(夏は17:00)
16:30 家の除雪と、ストレッチや入浴など体のメンテナンス
19:30 夕食
21:00 就寝

OFF

06:00 起床、朝食
08:00 アトリエへ。道具の手入れ、次作に向けて丸太のセッティング
12:00 昼食、のんびりすごす
14:00 遠方から週末帰省していた息子を送り届ける
18:00 帰宅、自宅で映画をみるなど
19:30 夕食
21:00 就寝

ひと工夫して、ワクワクしながらやることがモチベーション

森の仕事をしている間も休日も、いつでもチェンソーアートのことが頭にあります。誰もやったことのない表現や技術で作品をつくりたいし、現在の半分の時間で、いいものを勢いよく作りたいと思っていて、どうしたらできるかなと考えているんです。仕事でも同じですが、「どこを改善したらいいかな」「こうしたらどうなるかな」と考えるとワクワクします。いつでも、ちょっとずつ工夫して改善していきたいんですよね。 こうやって「なにかやろう」という気持ちを持ってチャレンジし続けるには体力がいるので、これからは運動して身体を整え、心身を保っていきたいと思っています。「歳だから」って言いたくないんですよ。

そうして作品づくりが今の半分の時間でできるようになったら、仕事でもチェンソーアートでもない、違うことをやりたいですね。それが何かは見えていないんですが、生きる目的が一つだと行き詰った時にどうしようもなくなってしまうので。そうだなぁ……、アウトドアが好きな奥さんと2人で楽しめることを、始めたいですね。

Text:Rie Kuroi Photo:seijikazui

移住者へのインタビュー

小さいころに食べた下川のおいしいフルーツトマトを作りたい

2018.8.24

研修ハウスで今年から始めたフルーツトマトを眺めながら、直紀さんが「これはちょっと難しい品種で、まだまだうまくいかないんですよね…

睦良田 直紀/まい子

名寄市出身2017年に移住

Read more…

物事を俯瞰する。意志にとらわれすぎず生きていきたい。

2018.5.21

「最近は・・・なんだか落ち着かないですねぇ」 麻生さんはゆったりとした口調でそう言いながら木のカップにコーヒーを注ぎ、…

麻生翼

NPO法人代表理事 愛知県出身

Read more…

誰もやったことのない表現や技術で作品をつくりたい。

2018.2.26

撮影に伺った日は、ちょうど下川神社に奉納する干支のチェンソーアートを制作中だった児玉さん。親子のオオカミの形をした作品を見せてくれた。…

児玉(木霊)光

チェンソーアーティスト 愛媛県生まれ

Read more…

minami

旅をしたら、地元の名産が食べたいでしょう。下川ならではの店をやりたい

2017.11.2

「どうぞ、いらっしゃいませ」 開店前の忙しい時間、私たちが訪れると、仕込みの途中だったのか白い前掛けを外しながら調理場から出てきてくれた…

minami

南 匡和

飲食店経営 札幌市生まれ

Read more…

nakata

夢見てきた田舎暮らし。健やかでおいしいトマトを一生つくり続けたい。

2017.08.10

「この箱詰めが終わるまで、ちょっと座って待っててくれる?」訪れた私たちをちらっと目視したあと、笑顔のままで目線を手元に戻しつつ…

minami

中田 豪之助/麻子

東京都出身 2005年に移住

Read more…

komine

だれもが物々交換をしているような、地域と自然と経済を生み出したい

2017.07.11

「これ、どうぞ。今日のおやつです。妻が作ったのでみなさんも食べてください」そう言って差し出されたのは、ヨモギの蒸しパン。

komine

小峰 博之

福岡県生まれ 1998年に移住

Read more…

森の恵みを作品にする。「つくる」という人生を送りたい

2017.03.24

このあいだ、町役場から連絡が来て。町有林で出たパルプ材の中で欲しい木があったら、森に来て印をつけといてって言われてね。

usuda

臼田 健二

静岡県出身 2015年に移住

Read more…

スポーツ、健康、医療、福祉。下川だからできる連携を生み出したい

2017.03.10

「あ、雪が降って来たねぇ。じゃあ、外に行ってみようか?」 和也さんの声に、待っていましたとばかりに「うん!」と答える娘さん…

takemoto-002

竹本 和也/竹本 礼子

2008年に移住

Read more…

visual-interview-03

終わりのない、答えのでないものを、ずっと考え続けていきたい。

2016.12.30

北海道に憧れて、大学卒業後に北海道新聞の記者として移住してきた荒井さん。道内を飛び回る充実した日々の中で、ふつふつと沸いてくる…

荒井 友香

茨城県出身 2015年に移住

Read more…

visual-interview-02

森のあるライフスタイルを、私たち自身が体現していきたいんです。

2016.12.22

二人が出会ったのは2004年。すでに下川に移住していた大輔さんの勤め先である下川町森林組合に、真理恵さんが興味を抱いて…

田邊大輔/真理恵

2004年に移住/2007年に移住

Read more…

旅をして、自然の中で暮らす。自分のやりたいことをやると決めたんです。

2016.11.10

下川に移住を決めたのは、世界一周の旅の最中でした。もう5年も終わりのないような旅をしていたのですが、日本に帰ろうと思って。

_mg_7687

栗岩 秀彦

静岡県出身 1991年に移住

Read more…

LINE@ 移住相談はじめました