小さいころに食べた下川のおいしい
フルーツトマトを自分の手で作りたい。

Profile

睦良田 直紀/まい子

睦良田 直紀 27歳 農家 名寄市
睦良田 まい子 26歳 名寄市 2017年に移住


研修ハウスで今年から始めたフルーツトマトを眺めながら、直紀さんが「これはちょっと難しい品種で、まだまだうまくいかないんですよね・・・」と心配そうに話す。試行錯誤を重ねる新米農家のご夫婦に、農業経験ゼロからの新規就農に至るまでを伺った。

komine

睦良田 直紀/まい子

睦良田 直紀 27歳/まい子 26歳 農家 名寄市 2017年に移住

子育てと両立できる農業研修と、暖かいサポート

直紀「下川に来る前は、隣の名寄市で会社員をしていました。工場だったので、3交代のシフト勤務や後半はデスクワークが中心でしたね。身体を動かしながら働きたいという想いや、トマトがとても好きで、農業をやってみたい、トマトの生産者になりたいという想いが少しずつ募っていって、今に至ります」

まい子「彼、トマトが本当に好きなんですよね(笑)。『作りたい』というところまでたどり着いてしまうなんてすごいですよねぇ。初めて、農業を始めたいと聞かされた時には驚きました。子どもも生まれたばかりでしたし、会社員からいきなり農家になるなんて無理だと思っていたので、まずは農業法人など、安定して毎月お給料が出るところに行くんだったらいいよ、と話しました。」

直紀「初めは余市の農業法人に就職したんですが、半年で戻ってくることになりました。実際にやってみて、学びもたくさんあったのですが、僕自身は量よりも質を重視してトマトをつくりたいなという想いが高まって。あと、新しい職場と慣れない仕事で忙しくて、イメージしていた暮らしとは少し違ったんです。

まい子「そんな状況で、下川町の農業研修制度の話を知り、前向きに検討し始めました。下川がフルーツトマトの産地だというのも知っていましたし。といいつつ、いきなりは決められなったので何度か下川に足を運んで。研修中の方や数十年前に研修を受けて現在は就農しているベテランの方にもお話しを聞かせてもらいました」

直紀「妻も一緒に研修生になる予定ではいたのですが、子育てを優先したいという思いが強く、その両立についてなどもじっくり聞きました」

まい子「役場の方を始め、いろんな方々に『子育てを優先しても全然大丈夫だよ』と言ってもらえて、とても安心しました。初年度は先輩農家さんの元で研修を受けるんですが、役場が子育てを優先させても大丈夫な研修先の方を選んでくださったようです」

役場担当「子どもは宝ですからね。旦那さんがきちんと研修できていれば、後で教えながら協働できますから。「子どもがいるから無理」っていうのはないですよ。むしろ歓迎です」

トマトの出荷は朝早くおこなわれる

トマトの苗木を固定するための誘引作業中。

自分たちの数年後の姿がリアルに見えてきた

まい子「私たちは2017年2月に移住して研修に入り、現在は2年目になります。子どもは下川町の幼児センターに通っています。それも、3月に相談して4月にすぐ入所。ニュースで都会の待機児童問題をよく聞くので、それに比べると信じられないくらい早いですよね。夫はじっくりと研修し、私は研修と子育てを両立させながら、夫のサポートをしています。

直紀「下川の研修制度で助かっているのは、2年目にこの研修用ハウスで実際に自分だけで野菜を育てることができる点ですね。1年目は農家さんの元で研修しますが、8:30~17:00と仕事の時間が決まっていて、休日も週に1回あります。けれど実際に自分で独立してやるとなると、休みなんてない日が続いたり、朝早くから作業をしなければいけないこともあります。1年間、先輩農家さんの元で修行しながら教えていただいたことをもとに、2年目に自分たちだけでやってみると1年目は気づかなかった大変なことや分か らないことがたくさん見えてくるんです。」

まい子「先輩農家さんの横にいて1年過ごしたことで、トマトを育てる大変さを見させてもらえたのがとてもよかったです。自分たちの3年後、5年後のイメージがつきました。それまで、農家さんの仕事が具体的にどういうものなのか全く知らなかったのですが、天候や作物の育成状況、作業の段取り、お手伝いに来てくれた方へのサポートなど、とにかく頭と身体を両方使っていく、難しいお仕事なんですよね。」

直紀「この地域には共同で利用できる育苗施設で他の農家さんと仲良くなれたのもよかったです。わからないことや不安なことが出たときには、近所の農家さんのところに話を聞きにいって、教えてもらっています」

睦良田夫妻の一日

ON

05:00 直紀|起床&朝食、ハウスへ
07:00 まい子|起床して朝食
08:30 まい子|子どもを幼保センターへ送ってハウスへ
09:30 農協へ出荷、その後も2名でハウス作業
12:00 家で昼食
13:00 ハウスで作業
15:30 まい子|娘を迎えに行って家へ
19:00 直紀が帰宅して家族で夕食
22:00 就寝

OFF

08:00 3人で朝食
09:00 直紀|庭の除雪、まい子|家事
12:00 昼食
13:00 子どもと雪遊び
15:00 地元の寿スーパーでお買い物
16:00 家でのんびりとテレビを見たりする
18:00 夕食
23:00 就寝

誰が食べても「おいしい」トマトをつくりたい

まい子「もう少ししたら、街中に引っ越すんです。来年の就農に向けて農地も見つかって」

直紀「家も農地も、役場の方がかなり尽力してくださり、無事決まってよかったです。これからは来年に向けて営農計画を作ったりして、就農への準備を進めていきます。小さいころ食べた、下川のおいしいフルーツトマトの記憶を自分でも創り出していきたいですね」

まい子「私は、贅沢はしなくていいので、娘がしっかり育てられるような農家になりたかな。あと、こんなにいろんな方にサポートしてもらって始めた農業なので、次の世代につないでいきたいですね。まだだいぶ先の話ですけど。」

直紀「そうだね。僕もすごく大きな夢があるわけではないんですが、ただ、誰が食べてもおいしいトマトをつくりたいです。糖度がいくつあればいい、とかそういうことではなく、『おいしい』と思ってもらえるものですね。丁寧に、質のいいものをつくっていきたいです」

まい子「子どもと一緒に、丁寧に、楽しく農業をやって生活していけたら。下川は子どもが参加できるお祭りや行事も多いですし、幼保センターもとても良くて、子育て環境がとてもいいんです。子どもを豊かな環境で育てながら、農業をやっていきたいと思っている方にはぜひおすすめしたいですね」

Text:Rie Kuroi Photo:seijikazui

移住者へのインタビュー

仲間とともに「家具乃診療所」を始めたい

2018.11.19

「一の橋に来てから、人のことを『人間』って言うようになったんですよね」。 木屑が雪のように降り積もる工房の中で、河野さんは「なんでだろう」…

河野文孝

41歳 埼玉県川越市 2016年移住

Read more…

自ら何かを生み出し、恩返しもしていきたい

2018.10.26

「このあいだ作ったフサスグリのジュース、飲んでみます?」 真っ青な空と、緑が映える木々をバックに、「cosotto, hut」は、まさに「こっそりと」…

山田香織/小松佐知子

山田さん福島県出身/小松さん岩手県出身

Read more…

小さいころに食べた下川のおいしいフルーツトマトを作りたい

2018.8.24

研修ハウスで今年から始めたフルーツトマトを眺めながら、直紀さんが「これはちょっと難しい品種で、まだまだうまくいかないんですよね…

睦良田 直紀/まい子

名寄市出身2017年に移住

Read more…

物事を俯瞰する。意志にとらわれすぎず生きていきたい。

2018.5.21

「最近は・・・なんだか落ち着かないですねぇ」 麻生さんはゆったりとした口調でそう言いながら木のカップにコーヒーを注ぎ、…

麻生翼

NPO法人代表理事 愛知県出身

Read more…

誰もやったことのない表現や技術で作品をつくりたい。

2018.2.26

撮影に伺った日は、ちょうど下川神社に奉納する干支のチェンソーアートを制作中だった児玉さん。親子のオオカミの形をした作品を見せてくれた。…

児玉(木霊)光

チェンソーアーティスト 愛媛県生まれ

Read more…

minami

旅をしたら、地元の名産が食べたいでしょう。下川ならではの店をやりたい

2017.11.2

「どうぞ、いらっしゃいませ」 開店前の忙しい時間、私たちが訪れると、仕込みの途中だったのか白い前掛けを外しながら調理場から出てきてくれた…

minami

南 匡和

飲食店経営 札幌市生まれ

Read more…

komine

夢見てきた田舎暮らし。健やかでおいしいトマトを一生つくり続けたい。

2017.08.10

「この箱詰めが終わるまで、ちょっと座って待っててくれる?」訪れた私たちをちらっと目視したあと、笑顔のままで目線を手元に戻しつつ…

komine

中田 豪之助/麻子

東京都出身 2005年に移住

Read more…

komine

だれもが物々交換をしているような、地域と自然と経済を生み出したい

2017.07.11

「これ、どうぞ。今日のおやつです。妻が作ったのでみなさんも食べてください」そう言って差し出されたのは、ヨモギの蒸しパン。

komine

小峰 博之

福岡県生まれ 1998年に移住

Read more…

森の恵みを作品にする。「つくる」という人生を送りたい

2017.03.24

このあいだ、町役場から連絡が来て。町有林で出たパルプ材の中で欲しい木があったら、森に来て印をつけといてって言われてね。

usuda

臼田 健二

静岡県出身 2015年に移住

Read more…

スポーツ、健康、医療、福祉。下川だからできる連携を生み出したい

2017.03.10

「あ、雪が降って来たねぇ。じゃあ、外に行ってみようか?」 和也さんの声に、待っていましたとばかりに「うん!」と答える娘さん…

takemoto-002

竹本 和也/竹本 礼子

2008年に移住

Read more…

visual-interview-03

終わりのない、答えのでないものを、ずっと考え続けていきたい。

2016.12.30

北海道に憧れて、大学卒業後に北海道新聞の記者として移住してきた荒井さん。道内を飛び回る充実した日々の中で、ふつふつと沸いてくる…

荒井 友香

茨城県出身 2015年に移住

Read more…

visual-interview-02

森のあるライフスタイルを、私たち自身が体現していきたいんです。

2016.12.22

二人が出会ったのは2004年。すでに下川に移住していた大輔さんの勤め先である下川町森林組合に、真理恵さんが興味を抱いて…

田邊大輔/真理恵

2004年に移住/2007年に移住

Read more…

旅をして、自然の中で暮らす。自分のやりたいことをやると決めたんです。

2016.11.10

下川に移住を決めたのは、世界一周の旅の最中でした。もう5年も終わりのないような旅をしていたのですが、日本に帰ろうと思って。

_mg_7687

栗岩 秀彦

静岡県出身 1991年に移住

Read more…

LINE@ 移住相談はじめました