自分の手から何かを生み出し、
少しずつでも恩返しもしていきたいんです

Profile

山田香織/小松佐知子

山田香織 37歳 福島県
小松佐知子 37歳 岩手県


「このあいだ作ったフサスグリのジュース、飲んでみます?」 真っ青な空と、緑が映える木々をバックに、「cosotto, hut」は、まさに「こっそりと」建っていた。小さなスペースには愛着のある商品が並び、山田さんはそれらを優しく手に取りながら位置を整え、声をかけてくれた。東北で震災を経験し、下川の地域おこし協力隊から化粧品会社を起業した2人のストーリーと、これからつくりたい未来とは。

山田香織 37歳 福島県

小松佐知子 37歳 岩手県

震災が再会のきっかけとなり、未来を語りあった

山田「小松とは、もともと学生時代の友人だったんです。特別に仲が良かったというよりは、時々連絡を取り合う関係で。3月11日の東日本大震災の時に、小松の実家がある地域の被害が大きかったので『なにか手伝えることはない?』と久しぶりに連絡をして、よく会うようになりました」

小松「私は当時、民間の検査機関にいて、食品栄養分析などの仕事をしていました。震災がきっかけで彼女といろいろ話すようになって」

山田「私はもともとアトピーで、10年ほど前から自分でカモミールなどのハーブエッセンスを使った化粧水をつくっていたんです。で、将来は化粧品をつくる仕事をしたいんだよね、と話していて。化粧品会社を作るには専門性の高い製造責任者が必要で、それまでは漠然とした夢だったのですが、化学系の仕事をしていた小松がその資格を取れる条件を持っているということで、『じゃあ、やってみちゃう?』と」

小松「そのころ、主に機械相手に仕事をしていたんですが、自然の中で働きたいなという気持ちが芽生えていたんです。山田の想いと私の気持ちのタイミングがちょうど合ったのかもしれませんね」

山田「事業を立ち上げるなら、ハーブの生産から製造まで一貫してやりたいと思っていました。自然の中で農業をするというイメージもあって、具体的に調べ始めたら長野か北海道が候補に上がって。ただ、長野にはすでに大きな化粧品メーカーさんがありましたし、北方植物にも興味があったので、北海道に決めました」

小松「下川には地域おこし協力隊として移住したんですが、実は移住先を調べるまで協力隊の制度を知りませんでした。北海道の中でどこがいいかを調べていくうちに下川を見つけて、バイオマスによるエネルギーの取り組みや、自給自足というキーワードがしっくりきたんです」

山田「移住を考えたり事業を始めたりするきっかけとして、私たちにとって震災の影響は大きいです。以前はヒールをはいたり、女性らしい服が好きだったんですが震災の日に15キロくらい歩いて帰ったとき、ヒールはぼろぼろになって、持っていた華奢なバックでは水を買うのにも不便で……。震災以降、自分の持っているものに対して『これ、本当に必要なの?』と感じるようになりました」

手摘みしたカモミール

保湿オイルのお試し

自分の手から何かを生み出したい

小松「下川に興味を持ってから、まずはハーブ栽培をやりたくて町役場の農務課に問い合わせたんですが、ハーブだけを生産するとなると受け入れができないということでした。でも、当時の役場の担当者の方が調整をしてくれて、2人一緒に採用して、かつ私たちのやりたいことへのサポートもできるかもしれないと商工関係の課での受け入れを紹介してくれました」

山田「そこからはすぐに移住が決まりました。最初からやりたいことが明確だったんで、協力隊の時から少しずつ準備をして、協力隊の任期が終了するタイミングで起業しようと決めていました」

小松「協力隊の任期中は、いろんなことをやりましたね。一の橋地区という下川の町中から車で15分ほどの集落で『駅カフェイチノハシ』というカフェを運営するのが、地域おこし協力隊としてのメインの仕事だったんですが、あとはしいたけ栽培やトドマツやカラマツの育苗、移動販売とか。それと同時進行でカフェの横の空き地を借りて開墾して畑にしたり。」

山田「小松はトラクター乗り回してたもんね(笑)」

小松「そう、私、けっこう好きなの(笑)」

山田「小松とは、お互い違うタイプだったのが良かったのかなと思っています。小松は真面目でコツコツと積み重ねるタイプで、私は勢いで走っちゃうほう。全然違うタイプだけど、震災という同じ経験をして、消費者から生産者になりたい・自分の手から何かを生みだしたいという強い想いを持っていることを共有しあえました」

小松「協力隊に着任して2年目に入ってからは化粧品製造業の資格をとったのですが、それ以降、下川の方々の応援も増えていったように思います。製造工場をどこに持つかということも課題だったのですが、ちょうど場所が空いて、使えるように尽力してくれた方々に支えられて、2017年4月に起業しました」

山田さんのー日

On 山田

06:30 起床、朝食
08:30 出社、メールチェックなど
09:00 畑で収穫
12:00 2人で昼食
17:00 メールチェック、商品発送
18:00 退社、夕食
23:00 就寝

OFF 山田

10:00 起床、朝食
11:00 工房で少し仕事
12:00 昼食
13:00 畑で写真撮影や近くになっているベリーを積む
16:00 フサスグリのジュースづくり
18:00 夕食
20:00 本を読む
23:00 就寝

小松さんのー日

On 小松

04:30 起床、近くの川に仲間と釣りへ
07:00 朝食
08:30 出社、ハーブエキスの抽出
12:00 2人で昼食
13:00 商品をパッケージに詰める、商品開発など
18:00 退社、夕食
20:00 映画を見る
24:00 就寝

OFF 小松

04:00 起床、仲間と共に猿払に釣りに向かう
07:00 猿払到着。32cmのイトウと48cmのサクラマスを釣る(どちらもリリース)
16:00 釣れたイワナやヤマメなどでBBQ&キャンプ
22:00 就寝

私たちを信じてくれる人に恩返しを

山田「本当にいろんな人に支えてもらっています。特に、同じ一の橋地区でシイタケを栽培している下川町役場の平野さんは、心理的にもサポートしてくれて。協力隊時代に、自分たちの起業に向けた活動が『地域おこし』になるのか、もっと地域のお手伝いをした方が良いのではと悩んでいた時にも、私たちを信じて後押ししてくれました。」

小松「一の橋地区は市街地から離れているので、制作や自分たちの考えに集中できる環境が良いなと思っています。一方で、平野さんや「フプの森」(トドマツのアロマオイルを原料とした商品を製造販売している地元企業)の皆さんがいたりして、アドバイスが欲しいときや困った時に聞きにいける方々が近くにいらっしゃるのも心強いです。わたしたちと同じ女性だけの会社であるフプの森さんの作業現場を見ると『こんな程度で疲れたなんて言ってられない!もっと頑張ろう』って思います」

山田「これからやりたいことはたくさんあるんですけど、そのうちの一つは『cosotto, hut』の展開です。販売拠点となる、ほんとに小さな小屋を一の橋地区に作りました。日曜日と月曜日のみオープンしていますが、私たちの商品はもちろん、今後は下川や北海道で同じようにチャレンジしている人たちのものを一緒に販売していきたいと考えています。微々たるものですが、これまでお世話になった人に少しずつでも恩返しもしていきたいんです」

小松「私は、以前まで『自分の作ったもので肌の弱い方の助けになりたい!』と意気込んでいたんですが、最近はちょっと変わりました。私ができることなんて本当にわずかで。私たちの商品を手にとってくれた方に植物の力をシンプルにお届けできる商品づくりをしていきたいなと思っています。」

山田「そうだね。私は植物の恩恵でアトピーが良くなった経験もあるので、もっと研究して薬や病院などに頼りすぎない、自己免疫力を自分で高めていけるような商品を創っていきたいし、そういうライフスタイルを選ぶ方が増えてくれたらうれしいですね」

小松「会社は2年目に入りましたし、もちろん売り上げや経営は大事だけど、私はなにより、自然の中で働くこの生活が気に入っています」

山田「本当にそうだね。SORRY KOUBOUの商品はネットでも販売しているんですが、やっぱり対面で、使い方をお話ししながら販売する方法を大事にしています。特に、いま力を入れている『ハーブチンキ』は手づくりの化粧品をつくる材料で、その他にもさまざまな使い方ができたりするんですが、まだまだ魅力が伝えきれてません。売るためにつくるというよりは、わたしたちが好きな植物の持つ力を知ってもらいたい、使ってもらいたいという延長線にこの仕事があると思っていて。お客様からのアンケートも全部読んで、必要なものはすぐに商品に反映させています。お客様とていねいなつながりを創っていくのが、私たちの仕事の仕方なのかな」

リンク:SORRY KOUBOU|しもかわ観光協会「ものづくり」

Text:Rie Kuroi Photo:Seiji Kazui

移住者へのインタビュー

仲間とともに「家具乃診療所」を始めたい

2018.11.19

「一の橋に来てから、人のことを『人間』って言うようになったんですよね」。 木屑が雪のように降り積もる工房の中で、河野さんは「なんでだろう」…

河野文孝

41歳 埼玉県川越市 2016年移住

Read more…

自ら何かを生み出し、恩返しもしていきたい

2018.10.26

「このあいだ作ったフサスグリのジュース、飲んでみます?」 真っ青な空と、緑が映える木々をバックに、「cosotto, hut」は、まさに「こっそりと」…

山田香織/小松佐知子

山田さん福島県出身/小松さん岩手県出身

Read more…

小さいころに食べた下川のおいしいフルーツトマトを作りたい

2018.8.24

研修ハウスで今年から始めたフルーツトマトを眺めながら、直紀さんが「これはちょっと難しい品種で、まだまだうまくいかないんですよね…

睦良田 直紀/まい子

名寄市出身2017年に移住

Read more…

物事を俯瞰する。意志にとらわれすぎず生きていきたい。

2018.5.21

「最近は・・・なんだか落ち着かないですねぇ」 麻生さんはゆったりとした口調でそう言いながら木のカップにコーヒーを注ぎ、…

麻生翼

NPO法人代表理事 愛知県出身

Read more…

誰もやったことのない表現や技術で作品をつくりたい。

2018.2.26

撮影に伺った日は、ちょうど下川神社に奉納する干支のチェンソーアートを制作中だった児玉さん。親子のオオカミの形をした作品を見せてくれた。…

児玉(木霊)光

チェンソーアーティスト 愛媛県生まれ

Read more…

minami

旅をしたら、地元の名産が食べたいでしょう。下川ならではの店をやりたい

2017.11.2

「どうぞ、いらっしゃいませ」 開店前の忙しい時間、私たちが訪れると、仕込みの途中だったのか白い前掛けを外しながら調理場から出てきてくれた…

minami

南 匡和

飲食店経営 札幌市生まれ

Read more…

komine

夢見てきた田舎暮らし。健やかでおいしいトマトを一生つくり続けたい。

2017.08.10

「この箱詰めが終わるまで、ちょっと座って待っててくれる?」訪れた私たちをちらっと目視したあと、笑顔のままで目線を手元に戻しつつ…

komine

中田 豪之助/麻子

東京都出身 2005年に移住

Read more…

komine

だれもが物々交換をしているような、地域と自然と経済を生み出したい

2017.07.11

「これ、どうぞ。今日のおやつです。妻が作ったのでみなさんも食べてください」そう言って差し出されたのは、ヨモギの蒸しパン。

komine

小峰 博之

福岡県生まれ 1998年に移住

Read more…

森の恵みを作品にする。「つくる」という人生を送りたい

2017.03.24

このあいだ、町役場から連絡が来て。町有林で出たパルプ材の中で欲しい木があったら、森に来て印をつけといてって言われてね。

usuda

臼田 健二

静岡県出身 2015年に移住

Read more…

スポーツ、健康、医療、福祉。下川だからできる連携を生み出したい

2017.03.10

「あ、雪が降って来たねぇ。じゃあ、外に行ってみようか?」 和也さんの声に、待っていましたとばかりに「うん!」と答える娘さん…

takemoto-002

竹本 和也/竹本 礼子

2008年に移住

Read more…

visual-interview-03

終わりのない、答えのでないものを、ずっと考え続けていきたい。

2016.12.30

北海道に憧れて、大学卒業後に北海道新聞の記者として移住してきた荒井さん。道内を飛び回る充実した日々の中で、ふつふつと沸いてくる…

荒井 友香

茨城県出身 2015年に移住

Read more…

visual-interview-02

森のあるライフスタイルを、私たち自身が体現していきたいんです。

2016.12.22

二人が出会ったのは2004年。すでに下川に移住していた大輔さんの勤め先である下川町森林組合に、真理恵さんが興味を抱いて…

田邊大輔/真理恵

2004年に移住/2007年に移住

Read more…

旅をして、自然の中で暮らす。自分のやりたいことをやると決めたんです。

2016.11.10

下川に移住を決めたのは、世界一周の旅の最中でした。もう5年も終わりのないような旅をしていたのですが、日本に帰ろうと思って。

_mg_7687

栗岩 秀彦

静岡県出身 1991年に移住

Read more…

LINE@ 移住相談はじめました