野生に返れる楽しさ
表情が変わる川の魅力を伝えたい

Profile

園部峻久

園部峻久(27歳) 茨城県土浦市 2018年移住


「小学校1年生のときの文集で『北海道で自然ガイドをしたい』って書いてたんですよね」。その夢がいま、叶ってるんです、と嬉しそうに話す園部さん。観光協会の事務所がある施設「コモレビ」で、園部さんが川の魅力について語り始めると、目の前がサッと新緑に囲まれた水辺の風景に変わった。小さなころからずっと川を見続けている園部さんにとっての、下川の魅力とは。

園部峻久(27歳) 茨城県土浦市 2018年移住

ころころと景色が変わる、表情豊かな下川の川に魅せられて

両親が話すには、僕が小さなころ栃木県日光市に行った時、自然の中でとってもイキイキと楽しそうに遊んでいたそうです。それから「この子は自然の中で遊ぶのが好きなんだな」といろんなアウトドアに連れていってくれるようになって。初めての北海道は、小学2年生の時です。誕生日プレゼントとして、物ではなく北海道に連れて行ってほしいと僕からお願いしたのがきっかけでした。それから毎年、誕生日プレゼントは北海道旅行で、北海道に住みたくて大学を選んだくらいです。念願の北海道暮らしが始まってからは、道内のネイチャーセンターやフリーランスでガイドをしながら経験を積みました。

下川に初めて来たのは、今から4-5年前、より良い川を探しに来た時です。道内の川はいろいろと見て回りましたが、下川のサンル川や名寄川は人の気配がなくて、僕の好きな環境でした。 このあたりの川は、歩いているとカーブを曲がる度に景色がパッと変わるんですよ。川底の様子も砂利から岩盤になったり、砂になったり、崖が急に出てきたり。魚が多いのも魅力ですけど、川を歩くこと自体が好きな僕にとっては本当に楽しくって。釣りだけでなく、歩くだけでも魅力的な川です。

滝に打たれて非日常を

行者にんにくを炙ってその場でパクリ

口に出すと、実現する町。リバーウォークへの挑戦

移住する前は、道内の他の地域に住んでいました。けれどフィールドを移すことに決め、次をどこにしようか探っているときに、ネットで下川町の観光協会の求人を発見しました。で、僕は電話もせずに、直接下川に来てみたんです。ここ、コモレビの窓口で「移住を検討してるんですけど」と伝えたら、隣の部屋からタウンプロモーション推進部の方が出てきて相談に乗ってくれて。

「観光系の仕事がしたくて」と伝えると、その場ですぐに観光協会の事務局長が出てきてくれました。数日後に改めて面接で訪れたときには、そのまま商工会青年部の飲み会に参加させてもらったんです。まだ採用が決まったかどうかもわからないのに(笑)。

移住してから下川で感じているのは、移住者とずっと地域で住んでいる人との距離が近いことですかね。それが居心地よくて。あと、何かやりたいと思ったら口にすると、いろんな人が興味を持ってくれて実現することもあるんです。

僕の場合、6月1日からリバーウォークという新しい観光アクティビティを始めました。これも、いろんな方々にご協力いただいて実現したんです。下川町の川は本当に魅力的なのに、町民も、町外から来た人も、川に触れる機会って少ないんですよ。下川の良さを体感してもらうために始めた企画です。

園部さんのー日

On

04:30 起床
05:00 パンケ川へ釣り
08:30 帰宅、出社準備
09:00 出社。イベントの準備
12:00 みなみ屋で昼食
13:00 観光ガイドで川へ
17:30 退社、そのままペンケ川へ釣り
19:00 帰宅、夕食
21:00 就寝

OFF

04:30 起床
05:00 友達と奥名寄へ釣りへ
14:00 昼食、五味温泉へ
18:00 アポロで夕食&釣果報告
22:00 帰宅、就寝

下川町の川の魅力を五感で体験してもらいたい

昨年、リバーウォークのモニターツアーをしたときに、参加してくれた友人が「川って壁だと思ってた」って言ったんです。川って、怖い、大変そう、歩きにくい、みたいな先入観がありますよね。でもいざ入ってみると、それを凌駕する非日常の体験ができるんです。森をガイドする時の道は、笹が刈られてできたもの。一方で、川には道がないんです。自分たち以外の人の気配も一切なくて、あっという間に野生に返れる。

リバーウォークでは、ころころと変わっていく豊かな川の表情を見ていただき、地形の成り立ちや自然についてご紹介していきます。場所によっては化石を拾ったり、岩に埋まったメノウや水晶も観察できるんですよ。もちろん釣りをしたり、ゆったりと川辺でティータイム……という過ごし方もできます。

僕は、とにかくたくさんの人に川の魅力を知ってもらいたいんです。今回の企画はその第一弾。今後は、冬のリバーウォークもやってみたいなと思ってますし、川に飛び込んだり流れたりと全身で川を感じるアクティビティの準備も始めています。下川の魅力はたくさんありますが、まだまだ紹介しきれていません。リバーウォークで下川の新しい一面を見て、体験してもらいたいと思っています。

Text:Rie Kuroi Photo:Seiji Kazui

移住者へのインタビュー

野生に返れる楽しさ、川の魅力を伝えたい

2019.6.11

「小学校1年生のときの文集で『北海道で自然ガイドをしたい』って書いてたんですよね」。その夢がいま、叶ってるんです、と嬉しそうに話す…

園部峻久

2018年移住

Read more…

50年以上愛されてきた卵を通して、新しい幸せを

2019.4.2

「楽しみは、自分で探さないとね」と村上さんがつぶやくと、能藤(のとう)さんはふっと笑った。50年以上の歴史がある「阿部養鶏場」を札幌の…

あべ養鶏場

2016年移住

Read more…

素直に飾らずに暮らせるのがいいんです

2019.3.25

雪にめがけて走り出した息子さんをやさしい眼差しで見守りながら「この子は下川生まれですからねぇ」とつぶやいた。…

高松峰成/慧

2016年5月移住

Read more…

仲間とともに「家具乃診療所」を始めたい

2018.11.19

「一の橋に来てから、人のことを『人間』って言うようになったんですよね」。 木屑が雪のように降り積もる工房の中で、河野さんは「なんでだろう」…

河野文孝

41歳 埼玉県川越市 2016年移住

Read more…

自ら何かを生み出し、恩返しもしていきたい

2018.10.26

「このあいだ作ったフサスグリのジュース、飲んでみます?」 真っ青な空と、緑が映える木々をバックに、「cosotto, hut」は、まさに「こっそりと」…

山田香織/小松佐知子

山田さん福島県出身/小松さん岩手県出身

Read more…

小さいころに食べた下川のおいしいフルーツトマトを作りたい

2018.8.24

研修ハウスで今年から始めたフルーツトマトを眺めながら、直紀さんが「これはちょっと難しい品種で、まだまだうまくいかないんですよね…

睦良田 直紀/まい子

名寄市出身2017年に移住

Read more…

物事を俯瞰する。意志にとらわれすぎず生きていきたい。

2018.5.21

「最近は・・・なんだか落ち着かないですねぇ」 麻生さんはゆったりとした口調でそう言いながら木のカップにコーヒーを注ぎ、…

麻生翼

NPO法人代表理事 愛知県出身

Read more…

誰もやったことのない表現や技術で作品をつくりたい。

2018.2.26

撮影に伺った日は、ちょうど下川神社に奉納する干支のチェンソーアートを制作中だった児玉さん。親子のオオカミの形をした作品を見せてくれた。…

児玉(木霊)光

チェンソーアーティスト 愛媛県生まれ

Read more…

minami

旅をしたら、地元の名産が食べたいでしょう。下川ならではの店をやりたい

2017.11.2

「どうぞ、いらっしゃいませ」 開店前の忙しい時間、私たちが訪れると、仕込みの途中だったのか白い前掛けを外しながら調理場から出てきてくれた…

minami

南 匡和

飲食店経営 札幌市生まれ

Read more…

komine

夢見てきた田舎暮らし。健やかでおいしいトマトを一生つくり続けたい。

2017.08.10

「この箱詰めが終わるまで、ちょっと座って待っててくれる?」訪れた私たちをちらっと目視したあと、笑顔のままで目線を手元に戻しつつ…

komine

中田 豪之助/麻子

東京都出身 2005年に移住

Read more…

komine

だれもが物々交換をしているような、地域と自然と経済を生み出したい

2017.07.11

「これ、どうぞ。今日のおやつです。妻が作ったのでみなさんも食べてください」そう言って差し出されたのは、ヨモギの蒸しパン。

komine

小峰 博之

福岡県生まれ 1998年に移住

Read more…

森の恵みを作品にする。「つくる」という人生を送りたい

2017.03.24

このあいだ、町役場から連絡が来て。町有林で出たパルプ材の中で欲しい木があったら、森に来て印をつけといてって言われてね。

usuda

臼田 健二

静岡県出身 2015年に移住

Read more…

スポーツ、健康、医療、福祉。下川だからできる連携を生み出したい

2017.03.10

「あ、雪が降って来たねぇ。じゃあ、外に行ってみようか?」 和也さんの声に、待っていましたとばかりに「うん!」と答える娘さん…

takemoto-002

竹本 和也/竹本 礼子

2008年に移住

Read more…

visual-interview-03

終わりのない、答えのでないものを、ずっと考え続けていきたい。

2016.12.30

北海道に憧れて、大学卒業後に北海道新聞の記者として移住してきた荒井さん。道内を飛び回る充実した日々の中で、ふつふつと沸いてくる…

荒井 友香

茨城県出身 2015年に移住

Read more…

visual-interview-02

森のあるライフスタイルを、私たち自身が体現していきたいんです。

2016.12.22

二人が出会ったのは2004年。すでに下川に移住していた大輔さんの勤め先である下川町森林組合に、真理恵さんが興味を抱いて…

田邊大輔/真理恵

2004年に移住/2007年に移住

Read more…

旅をして、自然の中で暮らす。自分のやりたいことをやると決めたんです。

2016.11.10

下川に移住を決めたのは、世界一周の旅の最中でした。もう5年も終わりのないような旅をしていたのですが、日本に帰ろうと思って。

_mg_7687

栗岩 秀彦

静岡県出身 1991年に移住

Read more…

LINE@ 移住相談はじめました