活かしあうつながりのなかで
“生産”する暮らしを

Profile

富永紘光/宰子

富永紘光 32歳 2012年移住 宮崎県宮崎市出身
富永宰子 38歳 2017年移住 北海道十勝出身


筆者が下川に移住する前、「モレーナ」店主・栗岩さんの記事を、何度も読みました。絵を描きながら海外を旅して、たどり着いた場所が下川町だったと話す栗岩さんの物語は、勇気を与えてくれました。

薪屋のトミーさんと、英語の先生の宰子さん。北海道で出会ったお二人の物語も、これから下川に来ようとしている人々や、下川での暮らしに心惹かれている人々の背中を、そっと押してくれるのでは、と感じます。“自分ができること”をなりわいに繋げながら、より良い暮らしをつむぐ、お二人に話をうかがいました。

富永紘光 2012年移住 宮崎県宮崎市出身

富永宰子 2017年移住 北海道十勝出身

この人たちと一緒に仕事をしてみたい

紘光:東京に住んでいた学生時代に、所属していた団体の繋がりからNPO法人「森の生活」の存在を教えてもらいました。都会ではなく田舎で暮らすイメージは、すでに持っていて、なかでも林業や森っていうキーワードに惹かれて「森の生活」の求人に応募しました。でも当時は、下川町のことを何も知らなくて。

宰子:私は北海道出身だから、町の名前は聞いたことがありました。林業が盛んな地域だということも、なんとなく知っていて。結婚を機に下川へ移住したけれど、まさか自分が住むことになるとは思ってもみなかったです。

紘光:就職のための面接で、初めて下川に来たとき、人通りが少なくて見た目だけでは活気が感じられなかったんだよね。だから正直「ここで暮らすの、厳しいかも」って、一瞬ためらいました。でも、当時NPOの代表だった奈須さんや現代表の麻生さんと話をして「この人たちと一緒に働かせてもらいたいな」って、強く思って。学生を続けるか就職するかで、ずっと悶々としていた時期だったけど、下川に住んでいる人たちに会って、話をして「ここでやってみよう」と思いました。

就職してからは、森のコーディネーターとして地域の人たちと森の活用の仕方を考えて、イベントやワークショップを企画したり、森のガイドもしていました。社会人として仕事をすること自体が初めてだったから、いろんな人に助けてもらいましたね。

 “トミー”の相性で親しまれる紘光さん

“トミー”の相性で親しまれる紘光さん

ご自宅前には冬暮らしに必須の薪が並ぶ

ご自宅前には冬暮らしに必須の薪が並ぶ

自分で生産する暮らしへ

紘光:仕事を続けるなかで「自分は森のことを伝えたり人と森をつなげたりはしているけど、何を生産しているんだろう」って思ったことがあって。具体的な何かを、ゼロから作って食っていきたいと思ったのが、独立しようと思ったきっかけです。

それから当時、高齢化で自分で薪を割れる人が少なくなってきたという話や、森林組合で薪用丸太の供給量が減ってきたという話を聞いたことがあって。自分の興味があることで、持っている知識を活かしながらできることを考えて、薪屋を始めてみようと思い立ちました。

町内で催されたイベント「森ジャム」でトミーさんがおこなった薪割り体験の様子

宰子:私も「好きにやるのがいい」って思っていました。「森の生活」での仕事も、もう少し続けてみたらと、思ったこともあるけれど、私も自分の好きなように仕事をしているし「やってみたら」って。

紘光:宰子もね、英語の先生として、自分の生業があるし。

宰子:下川に来る前から、旭川で英語の先生をしていました。こっちに来てからは旭川に加えて、下川の「モレーナ」の一角をお借りして英会話教室を開いています。それからオンラインで教えている生徒さんが、何人かいますね。

紘光:独立することに対して、宰子は最初から肯定的でした。今は家業である薪屋はもちろん、仲間に声をかけてもらい間伐などの丸太を生産する山仕事もやっています。薪だけ割って売るのは、魚そのものを知らずに刺身だけ売っているのと一緒だと思うから。薪を扱うのに山を知らない、木が立ってる状態のことを知らないのは、ちょっとしっくりこなくて。できる限り、どの山から誰がこの薪を切り出して、どういう搬出方法で届くのかを、きちんと説明できる状態でありたいと思っています。

世代も年齢も越えた心地よいつながりがある

紘光:下川に移住して8年経つけれど、まだまだ。やれることはたくさんあるなって思います。楽しいことも、きついこともあるけど、毎年、暮らしや仕事をもっと良くしていきたいって思うから、住み続けているよね。人口が減ってさびれていくのではなくポジティブな空気が漂っている状態だったり、地域の中でお互いに仕事やお金がいい循環で回っている状態だったりを、作り出せたら。そのために「山」を舞台に、お互いに仕事を分け合えるようなことができないかなって思っています。

宰子:下川に来て始めたことのうち、最近始めたのが、地域で手に入る材料だけで服を作ることです。町内の商店「マルウささき」で糸を、不用品を引き取って販売している「ばくりっこ」で布を買って、今は婦人向けの服を手縫いで作っています。ミシン糸だとポリエステルになってしまうから、絹とか綿の糸を使いながら「ばくりっこ」に集まったウールとか、綿や麻の布でワンピースやパンツを作っています。

仕事は英語がメインですが、裁縫もできるし、ものづくりはずっとやっていました。だから服を作る過程でゴミがたくさん出るのを痛感していて、大量生産されている服を作る上で、どれだけ水を汚したりゴミを出したりしているんだろうと想像すると、ちょっと恐ろしくなって。新しい素材でなくても、この町にはまだまだ使える布がたくさん眠っているから、それを使って自分のものをこしらえる人が、自分も含めて増えてほしいなって思いますね。

SORRY KOUBOU」さんの「cosotto, hut」で展示・販売されている宰子作の洋服たち

下川は、私の生まれたとこも変わらない風景だけれど、ちょっと違うなと思うのが、地域に住む人たちが集まるお店が結構あるところ。それから、地元の人とか移住した人と、仲良くなりやすいなと感じます。裁縫を通しても、いろんな人とのご縁ができたり。栗さん(栗岩さん)も、英会話教室で「モレーナ」を使わせてくれて。今では町一番の親友です。

紘光:宰子が栗さんのことを親友だって言ったり「モレーナ」での様子を話して聞かせてくれたりするのが、すごくうれしいんです。最近は、栗さんの書籍を作るプロジェクトにも関わっているし。世代を超えて、ソウルメイトのような、心と心で通じ合う理解者がいるって、すごく素敵だなって思います。

宰子:栗さんの書籍は、英会話で旅の話を聞いていたから、書籍化の話が出た時にぜひ協力したいと思って。デザイナーさんを紹介したり、下川町を何度も取材してもらっている雑誌「スロウ」さんに関わってもらったり、町内在住の編集者さんに声をかけたり。私は、栗さんが手書きでまとめていた旅行記のタイピングを担当していました。11月1日に無事『昭和放浪記』が完成して。2月には『平成放浪記』が出版される予定です。だからそれまで、引き続きウェブページのPRと、チラシを作って手伝っていますね。

紘光:僕が忙しくてなかなか「モレーナ」に行けなくても、宰子から栗さんの話が聞けるから、その距離感も心地よくて。どんどん関係性がアップデートされてるなって感じ。それは栗さんとだけじゃなくて、他の人ともそうだしね。

宰子:下川には、私と栗さんみたいに、世代や立場が全然ちがうけど仲が良い人たち、結構いると思うな。

富永夫妻の一日

ON

05:30 紘光:起床。薪ストーブに火入れ
06:00 紘光:コーヒーを淹れ、朝食の準備
07:30 宰子:起床 紘光:薪づくりスタート
08:00 宰子:朝食、掃除、猫たちのお世話など
09:00 宰子:英語の授業スタート
12:00 二人で昼食
13:00 紘光:仕事開始
14:00 宰子:夕食の下ごしらえをし、英語の授業再開
17:00 紘光:仕事終了
18:00 宰子:英語の授業終了。二人で夕食の準備
19:00 二人で夕食、それぞれの時間
21:00 宰子:就寝
22:00 紘光:就寝

OFF

06:00 紘光:起床、薪ストーブに火入れと朝食の準備
08:00 宰子:起床 二人で朝食
09:00 掃除や洗濯など家のことをそれぞれ済ます
12:00 二人で昼食を食べに「モレーナ」へ
16:00 「モレーナ」でおしゃべりして過ごし帰宅。夕食のしたく
18:00 夕食
19:00 それぞれの時間
21:00 宰子:就寝
22:00 紘光:就寝

Text:Misaki Tachibana Photo:Yujiro Tada

移住者へのインタビュー

いつも誰かが、楽しい道へ導いてくれる

2021.3.25

下川には、手作りが好きな女性たちが作品を持ち寄り、イベント出展などをする「森のてしごとや」という有志のグループがあります...

橋本光恵さん

橋本光恵 44歳 旭川市出身

Read more...

活かしあうつながりのなかで“生産”する暮らしを

2021.1.11

筆者が下川に移住する前、「モレーナ」店主・栗岩さんの記事を、何度も読みました。絵を描きながら海外を旅して、...

富永夫妻

富永紘光 2012年移住 /宰子 2017年移住

Read more...

持続可能な社会を目指して、下川町にたどり着き暮らし続ける理由

2020.6.1

取材をしたのは、2020年3月末。コロナウイルスの感染拡大による自粛要請が、日本各地へ広がり出した、ちょうどその頃です...

奈須憲一郎

46歳 1999年移住 愛知県名古屋市出身

Read more...

あこがれていた田舎暮らし。無理せず紡ぎ、つづる日々

2020.1.28

都会と田舎、どちらが良いかなんて、誰にも決められません。両者それぞれに、泥臭いところも魅力的なところも、たくさんあります...

鈴木和夫

58歳 美幌町出身 1992年移住

Read more...

自分の気持ちに正直に、ていねいな暮らしを目指して

2019.12.20

生活の中の「今の暮らし、しっくりこないな」という違和感は、時折心の片隅に一筋の煙のように立ち上がってきます...

藤原佑輔

35歳 札幌出身 2017年移住

Read more...

会社と家を往復する忙しさを脱し、農業の道へ

2019.9.30

「子牛、見ていきますか?」と誘われて牛舎に入ると、かわいらしい子牛たちが私たちを見上げ、近づけた手をぺろりと舐めた...

吉田公司

58歳 網走市 2009年移住

Read more...

暮らしと経営、長く続けられる酪農業を

2019.9.20

「子牛、見ていきますか?」と誘われて牛舎に入ると、かわいらしい子牛たちが私たちを見上げ、近づけた手をぺろりと舐めた...

豊田さんファミリー

2014年移住

Read more...

野生に返れる楽しさ、川の魅力を伝えたい

2019.6.11

「小学校1年生のときの文集で『北海道で自然ガイドをしたい』って書いてたんですよね」。その夢がいま、叶ってるんです、と嬉しそうに話す...

園部峻久

2018年移住

Read more...

50年以上愛されてきた卵を通して、新しい幸せを

2019.4.2

「楽しみは、自分で探さないとね」と村上さんがつぶやくと、能藤(のとう)さんはふっと笑った。50年以上の歴史がある「阿部養鶏場」を札幌の...

あべ養鶏場

2016年移住

Read more...

素直に飾らずに暮らせるのがいいんです

2019.3.25

雪にめがけて走り出した息子さんをやさしい眼差しで見守りながら「この子は下川生まれですからねぇ」とつぶやいた。...

高松峰成/慧

2016年5月移住

Read more...

仲間とともに「家具乃診療所」を始めたい

2018.11.19

「一の橋に来てから、人のことを『人間』って言うようになったんですよね」。 木屑が雪のように降り積もる工房の中で、河野さんは「なんでだろう」...

河野文孝

41歳 埼玉県川越市 2016年移住

Read more...

自ら何かを生み出し、恩返しもしていきたい

2018.10.26

「このあいだ作ったフサスグリのジュース、飲んでみます?」 真っ青な空と、緑が映える木々をバックに、「cosotto, hut」は、まさに「こっそりと」...

山田香織/小松佐知子

山田さん福島県出身/小松さん岩手県出身

Read more...

小さいころに食べた下川のおいしいフルーツトマトを作りたい

2018.8.24

研修ハウスで今年から始めたフルーツトマトを眺めながら、直紀さんが「これはちょっと難しい品種で、まだまだうまくいかないんですよね...

睦良田 直紀/まい子

名寄市出身2017年に移住

Read more...

物事を俯瞰する。意志にとらわれすぎず生きていきたい。

2018.5.21

「最近は・・・なんだか落ち着かないですねぇ」 麻生さんはゆったりとした口調でそう言いながら木のカップにコーヒーを注ぎ、...

麻生翼

NPO法人代表理事 愛知県出身

Read more...

誰もやったことのない表現や技術で作品をつくりたい。

2018.2.26

撮影に伺った日は、ちょうど下川神社に奉納する干支のチェンソーアートを制作中だった児玉さん。親子のオオカミの形をした作品を見せてくれた。...

児玉(木霊)光

チェンソーアーティスト 愛媛県生まれ

Read more...

minami

旅をしたら、地元の名産が食べたいでしょう。下川ならではの店をやりたい

2017.11.2

「どうぞ、いらっしゃいませ」 開店前の忙しい時間、私たちが訪れると、仕込みの途中だったのか白い前掛けを外しながら調理場から出てきてくれた...

minami

南 匡和

飲食店経営 札幌市生まれ

Read more...

komine

夢見てきた田舎暮らし。健やかでおいしいトマトを一生つくり続けたい。

2017.08.10

「この箱詰めが終わるまで、ちょっと座って待っててくれる?」訪れた私たちをちらっと目視したあと、笑顔のままで目線を手元に戻しつつ...

komine

中田 豪之助/麻子

東京都出身 2005年に移住

Read more...

komine

だれもが物々交換をしているような、地域と自然と経済を生み出したい

2017.07.11

「これ、どうぞ。今日のおやつです。妻が作ったのでみなさんも食べてください」そう言って差し出されたのは、ヨモギの蒸しパン。

komine

小峰 博之

福岡県生まれ 1998年に移住

Read more...

森の恵みを作品にする。「つくる」という人生を送りたい

2017.03.24

このあいだ、町役場から連絡が来て。町有林で出たパルプ材の中で欲しい木があったら、森に来て印をつけといてって言われてね。

usuda

臼田 健二

静岡県出身 2015年に移住

Read more...

スポーツ、健康、医療、福祉。下川だからできる連携を生み出したい

2017.03.10

「あ、雪が降って来たねぇ。じゃあ、外に行ってみようか?」 和也さんの声に、待っていましたとばかりに「うん!」と答える娘さん...

takemoto-002

竹本 和也/竹本 礼子

2008年に移住

Read more...

visual-interview-03

終わりのない、答えのでないものを、ずっと考え続けていきたい。

2016.12.30

北海道に憧れて、大学卒業後に北海道新聞の記者として移住してきた荒井さん。道内を飛び回る充実した日々の中で、ふつふつと沸いてくる...

荒井 友香

茨城県出身 2015年に移住

Read more...

visual-interview-02

森のあるライフスタイルを、私たち自身が体現していきたいんです。

2016.12.22

二人が出会ったのは2004年。すでに下川に移住していた大輔さんの勤め先である下川町森林組合に、真理恵さんが興味を抱いて...

田邊大輔/真理恵

2004年に移住/2007年に移住

Read more...

旅をして、自然の中で暮らす。自分のやりたいことをやると決めたんです。

2016.11.10

下川に移住を決めたのは、世界一周の旅の最中でした。もう5年も終わりのないような旅をしていたのですが、日本に帰ろうと思って。

_mg_7687

栗岩 秀彦

静岡県出身 1991年に移住

Read more...

LINE@ 移住相談はじめました