橋本光恵さん
橋本光恵さん

いつも誰かが、
楽しい道へ導いてくれる

Profile

橋本光恵

橋本光恵 44歳 旭川市出身


下川には、手作りが好きな女性たちが作品を持ち寄り、イベント出展などをする「森のてしごとや」という有志のグループがあります。そのメンバーの一人でもあり、ご自身でかぎ針編みのアクセサリーを作っている橋本光恵さんは、ハタチの頃、下川にやって来ました。「みっつ」の愛称で親しまれる、おだやかでやわらかい雰囲気を持つみっつさん。人と接することが好きで、ものづくりも好きなみっつさんから、下川での「楽しいことの見つけ方」を教わります。

橋本光恵さん

橋本光恵 44歳 旭川市出身

橋本光恵さん

本当は地元に戻ろうと思っていた

人の役に立つ仕事がしたいと思っていました。でも、それに当てはまる職業、いっぱいありますよね。 「保育士かな? うーん、でも子供と一緒に働いているのは全然想像つかないなー」とか「看護師? いや でも看護大学、今から行ける?」とかいろいろ考えて。取捨選択した結果、お年寄りが好きだったから介 護の仕事にたどり着きました。

もともとは地元で就職しようかなって。けど、通っていた専門学校の先生の勧めで、下川の特別養護老人 ホーム「あけぼの園」の就職試験を受けたら、合格しました。

初めて下川に来た日のことは、今でもよく覚えています。隣の名寄市からバスに乗って見える景色が、ず っと田んぼとか山だけ。やっと明かりが見えたと思ったら、街灯が途切れた、商店街のはじっこが見えて 「小さい町なんだな」と驚きました。

生まれてから一度も旭川を出たことがなかったから、下川で、人生初めての一人暮らしもスタートして。 近所のおじさんやおばさんには、すごく助けてもらいました。仕事が終わって帰ってくる頃には、町内の お店、どこもやってないんですよね。当時はコンビニもなかったし、スーパーは18時で閉まっちゃう し。「缶詰はあるけど、缶切りがない! どうしよう!」みたいな(笑)。お隣に借りに行きました。他にも、除雪がちゃんとできなくて玄関が開けられなかったとき「朝早く起きて、雪ハネしなきゃ駄目だぞ」 って言いながら、隣のおじさんが除雪を手伝ってくれて。その日から、玄関の前に一本道を作ってくれる ようになったんです。今までは実家でぬくぬく暮らしていたから、初めて一人でなんでもやらなくちゃい けない状況で大変だったけど、気にかけてもらえてうれしかったです。

私が就職した「あけぼの園」を含めて、町役場や他の職場に、同期が何人もいたのも、心強かったなあ。 下川に引っ越してきた最初の5年くらいは、「いつか旭川に帰ろう」と思っていたんです。でも、友達が できて、飲み歩いたり遊んだりするようになったら居心地が良くなって。町内のスナック「Fuji」とか 「スワン」に集まって、ミラーボールを回してもらったこともあった(笑)。仲間とか生活の基盤ができ てくるうちに、いつの間にか「帰ろう」っていう思いは、なくなっていましたね。

偶然の誘いを受け、新しい道へ

2006年に、今の夫と結婚しました。同じ介護職で、夫は職場の後輩だったんです。あけぼの園では14年、働いたんですけど、夫にも相談して仕事を辞めて、ちょっとお休みしていました。何ヶ月か経ったある日、友人の一人から「みっつ、そろそろ働かない?」って電話がかかってきて。

確かに、家でじっとしてるのが性に合わないなあって感じていた頃だったし、どんな仕事か聞いたら、児童室の職員だったんですよね。学校が終わった子どもたちを預かるところで、一緒に遊んだり、宿題を手伝ったりするのが仕事なんですけど「私が?」ってちょっとびっくりして。悩んだけど「このままだと、子どもと接する機会がないまま人生が終わるかもしれない」と思って、やってみることにしました。

介護の仕事でお年寄りと関わっていたときとは違うむずかしさと楽しさがありますね。お年寄りは、人生の大先輩だから時には甘えさせてもらっちゃったこともあるけど、子どもたちはそうもいかないというか。お母さんでも学校の先生でもない立場で、自分の言葉が、子どもたちにどう影響するかを考えたり、見本になる行動をしなくちゃって慎重になったり。今は、一緒になって喧嘩していますけどね(笑)。でも基本的には、子どももお年寄りもそんなに変わらないのかもしれません。子どもには子どものかわいさがあるし、お年寄りにはお年寄りの愛らしさがあるし。

休職してから自分の時間も増えたから、ものづくりも始めました。もともと手先を動かすのは好きだったけど、介護の仕事をしているときは忙しくて、なかなかできなかったんです。

橋本光恵さん
橋本光恵さん

こういうものを作りたいっていうよりは「刺繍糸ってきれいだな、この糸を活かしたいな」と思って、かぎ針編みを始めました。自分が作ったアクセサリーを販売し始めたのは、「森ジャム」がきっかけかな。友達が出店するのを手伝うついでに自分が作ったものを販売して接客したら「楽しい〜!」って(笑)。そこから少しずつ、アクセサリーを作り始めました。今では自分でデザインを考えていて、なるべく植物モチーフのものを、と思っています。最近は糸を草木染めするようになりました。これも、周りの人が勧めてくれて始めたこと。むずかしいって思っていたけど、やってみたらお料理みたいなんですよ。道を歩いているだけでも「あの植物は色が出るかな」「これはどうかな」って気になるようになりました。

児童室の仕事もアクセサリー作りも、誘いがなければ始めなかったことかもしれません。いつも誰かが私を、いろんな場所に連れてってくれるんです。

刺繍糸
かぎ針編みの三種の神器
かぎ針編みのアクセサリー

誰かと出会えると何かが起きる町

このウクレレも、周りに提案してもらって、始めたことの一つ。巡り合わせなんですよね。もともとはギターを練習していたんだけど、友達に「みっつ、ギターできるなら、うちの子どもにウクレレ教えてもらえない?」って。じゃあやってみようかなって思って、その子に教えながら私も弾き方を練習しました。町民文化祭とか発表する機会があったから、私がウクレレを教えていることが広まって、他の人からも「教えて欲しい」って言ってもらえることが増えて、今ではウクレレのクラスも開いています。

森ジャムでのウクレレ演奏会のようす。一番右の黒い帽子の女性がみっつさん

下川だと、どこに行っても誰か知っている人がいたり、知らない人でもすぐ仲良くなれたりするなって思います。森ジャムもウクレレ教室も、誰かと知り合うと、何かが起きて、次のつながりができていく。だからといって、くっつきすぎないというか、一人でいたいときは一人でいられるし、集まって何かしたいときは協力し合うし。お祭りをやるなら、参加したほうが楽しいし、なんだったら見ているだけじゃなくて自分も中に入った方がいいなって思います。

去年はコロナで、いろんなイベントが中止になっちゃったけど、アクセサリーのデザインを一つ増やしたり、ウクレレの発表会もできたらいいなって思っています。あんまり意気込んで大きなことをやるよりは、今までやってきたことの、少し上のステップを踏めたらなって。そうやって、日々楽しいことをちょっとずつ、周りの人たちと作っていきたいですね。

Text:Misaki Tachibana Photo:Yujiro Tada

移住者へのインタビュー

いつも誰かが、楽しい道へ導いてくれる

2021.3.25

下川には、手作りが好きな女性たちが作品を持ち寄り、イベント出展などをする「森のてしごとや」という有志のグループがあります...

橋本光恵さん

橋本光恵 44歳 旭川市出身

Read more...

活かしあうつながりのなかで“生産”する暮らしを

2021.1.11

筆者が下川に移住する前、「モレーナ」店主・栗岩さんの記事を、何度も読みました。絵を描きながら海外を旅して、...

富永夫妻

富永紘光 2012年移住 /宰子 2017年移住

Read more...

持続可能な社会を目指して、下川町にたどり着き暮らし続ける理由

2020.6.1

取材をしたのは、2020年3月末。コロナウイルスの感染拡大による自粛要請が、日本各地へ広がり出した、ちょうどその頃です...

奈須憲一郎

46歳 1999年移住 愛知県名古屋市出身

Read more...

あこがれていた田舎暮らし。無理せず紡ぎ、つづる日々

2020.1.28

都会と田舎、どちらが良いかなんて、誰にも決められません。両者それぞれに、泥臭いところも魅力的なところも、たくさんあります...

鈴木和夫

58歳 美幌町出身 1992年移住

Read more...

自分の気持ちに正直に、ていねいな暮らしを目指して

2019.12.20

生活の中の「今の暮らし、しっくりこないな」という違和感は、時折心の片隅に一筋の煙のように立ち上がってきます...

藤原佑輔

35歳 札幌出身 2017年移住

Read more...

会社と家を往復する忙しさを脱し、農業の道へ

2019.9.30

「子牛、見ていきますか?」と誘われて牛舎に入ると、かわいらしい子牛たちが私たちを見上げ、近づけた手をぺろりと舐めた...

吉田公司

58歳 網走市 2009年移住

Read more...

暮らしと経営、長く続けられる酪農業を

2019.9.20

「子牛、見ていきますか?」と誘われて牛舎に入ると、かわいらしい子牛たちが私たちを見上げ、近づけた手をぺろりと舐めた...

豊田さんファミリー

2014年移住

Read more...

野生に返れる楽しさ、川の魅力を伝えたい

2019.6.11

「小学校1年生のときの文集で『北海道で自然ガイドをしたい』って書いてたんですよね」。その夢がいま、叶ってるんです、と嬉しそうに話す...

園部峻久

2018年移住

Read more...

50年以上愛されてきた卵を通して、新しい幸せを

2019.4.2

「楽しみは、自分で探さないとね」と村上さんがつぶやくと、能藤(のとう)さんはふっと笑った。50年以上の歴史がある「阿部養鶏場」を札幌の...

あべ養鶏場

2016年移住

Read more...

素直に飾らずに暮らせるのがいいんです

2019.3.25

雪にめがけて走り出した息子さんをやさしい眼差しで見守りながら「この子は下川生まれですからねぇ」とつぶやいた。...

高松峰成/慧

2016年5月移住

Read more...

仲間とともに「家具乃診療所」を始めたい

2018.11.19

「一の橋に来てから、人のことを『人間』って言うようになったんですよね」。 木屑が雪のように降り積もる工房の中で、河野さんは「なんでだろう」...

河野文孝

41歳 埼玉県川越市 2016年移住

Read more...

自ら何かを生み出し、恩返しもしていきたい

2018.10.26

「このあいだ作ったフサスグリのジュース、飲んでみます?」 真っ青な空と、緑が映える木々をバックに、「cosotto, hut」は、まさに「こっそりと」...

山田香織/小松佐知子

山田さん福島県出身/小松さん岩手県出身

Read more...

小さいころに食べた下川のおいしいフルーツトマトを作りたい

2018.8.24

研修ハウスで今年から始めたフルーツトマトを眺めながら、直紀さんが「これはちょっと難しい品種で、まだまだうまくいかないんですよね...

睦良田 直紀/まい子

名寄市出身2017年に移住

Read more...

物事を俯瞰する。意志にとらわれすぎず生きていきたい。

2018.5.21

「最近は・・・なんだか落ち着かないですねぇ」 麻生さんはゆったりとした口調でそう言いながら木のカップにコーヒーを注ぎ、...

麻生翼

NPO法人代表理事 愛知県出身

Read more...

誰もやったことのない表現や技術で作品をつくりたい。

2018.2.26

撮影に伺った日は、ちょうど下川神社に奉納する干支のチェンソーアートを制作中だった児玉さん。親子のオオカミの形をした作品を見せてくれた。...

児玉(木霊)光

チェンソーアーティスト 愛媛県生まれ

Read more...

minami

旅をしたら、地元の名産が食べたいでしょう。下川ならではの店をやりたい

2017.11.2

「どうぞ、いらっしゃいませ」 開店前の忙しい時間、私たちが訪れると、仕込みの途中だったのか白い前掛けを外しながら調理場から出てきてくれた...

minami

南 匡和

飲食店経営 札幌市生まれ

Read more...

komine

夢見てきた田舎暮らし。健やかでおいしいトマトを一生つくり続けたい。

2017.08.10

「この箱詰めが終わるまで、ちょっと座って待っててくれる?」訪れた私たちをちらっと目視したあと、笑顔のままで目線を手元に戻しつつ...

komine

中田 豪之助/麻子

東京都出身 2005年に移住

Read more...

komine

だれもが物々交換をしているような、地域と自然と経済を生み出したい

2017.07.11

「これ、どうぞ。今日のおやつです。妻が作ったのでみなさんも食べてください」そう言って差し出されたのは、ヨモギの蒸しパン。

komine

小峰 博之

福岡県生まれ 1998年に移住

Read more...

森の恵みを作品にする。「つくる」という人生を送りたい

2017.03.24

このあいだ、町役場から連絡が来て。町有林で出たパルプ材の中で欲しい木があったら、森に来て印をつけといてって言われてね。

usuda

臼田 健二

静岡県出身 2015年に移住

Read more...

スポーツ、健康、医療、福祉。下川だからできる連携を生み出したい

2017.03.10

「あ、雪が降って来たねぇ。じゃあ、外に行ってみようか?」 和也さんの声に、待っていましたとばかりに「うん!」と答える娘さん...

takemoto-002

竹本 和也/竹本 礼子

2008年に移住

Read more...

visual-interview-03

終わりのない、答えのでないものを、ずっと考え続けていきたい。

2016.12.30

北海道に憧れて、大学卒業後に北海道新聞の記者として移住してきた荒井さん。道内を飛び回る充実した日々の中で、ふつふつと沸いてくる...

荒井 友香

茨城県出身 2015年に移住

Read more...

visual-interview-02

森のあるライフスタイルを、私たち自身が体現していきたいんです。

2016.12.22

二人が出会ったのは2004年。すでに下川に移住していた大輔さんの勤め先である下川町森林組合に、真理恵さんが興味を抱いて...

田邊大輔/真理恵

2004年に移住/2007年に移住

Read more...

旅をして、自然の中で暮らす。自分のやりたいことをやると決めたんです。

2016.11.10

下川に移住を決めたのは、世界一周の旅の最中でした。もう5年も終わりのないような旅をしていたのですが、日本に帰ろうと思って。

_mg_7687

栗岩 秀彦

静岡県出身 1991年に移住

Read more...

LINE@ 移住相談はじめました