山崎春日さん
山崎春日さん

できるだけどんなことにも参加して、
地域に恩返しをしたい

Profile

山崎春日

45歳 新聞屋、ラジオパーソナリティボランティア、セレモニーサポート
東京都武蔵村山市出身 1996年に移住


下川町に暮らす女性たちの移住のきっかけは、結婚や転職など人それぞれ。山崎春日さんは下川町の隣町の名寄市で育ち、結婚を機に、下川へ移住しました。下川出身の旦那様とご結婚後、3人のお子さんを育て上げ、今では町内のどんな小さな催しでも、春日さんがいないことはないほど。いろいろなコミュニティに関わっています。春日さんに聞けば、下川町内のどんなことでも分かるかも。黄緑色の自転車で颯爽と走る姿を見かけたら、声をかけてみてください。

山崎春日さん

山崎春日

45歳 新聞屋、ラジオパーソナリティボランティア、セレモニーサポート 東京都武蔵村山市出身 1996年に移住

山崎春日さん

隣町出身だけど下川町に足を踏み入れたことはなかった

生まれたのは東京都だけど、小学校低学年の頃に北海道に引っ越して、そのあとは下川町の隣にある名寄市で育ちました。高校3年生の時に好きになった人が下川町出身で(笑)お付き合いしていてその後、結婚したから、下川に住むことになったんです。当時は下川に住んでいる同級生もいたけど、まったく来たことはなくて。学校で時々「やない菓子舗(町内にあるパン屋さん)の生クリームあんぱんが……」とか話しているのは耳に入っていたけど、今じゃ下川に来られるお客様に振る舞う程好きなんですが当時はどんなあんぱんかもよく知らず、下川にも遊びに来たこともなかった。ただ一度だけ海の方へ行く時に、国道を通ったことがあるだけ。

結婚してから約3年間、夫の実家にお世話になっていたんだけど、夫が脱サラをすることになって、それをきっかけにお店を開業することにしたんです。ちょうど、家族で過ごす時間をもっと作りたいと言っていた時期だったこともあって、親戚中に創業時の手伝いもしてもらって、新しい場所に引っ越して、おもちゃ屋さんを始めました。

山崎春日さん
春日さん手作りの「なおとい通信」

春日さん手作りの「なおとい通信」

カフェの人気メニューやお店で起こったニュースを発信していた

カフェの人気メニューやお店で起こったニュースを発信していた

子どもたちの憩いの場「なおとぃ」

おもちゃ屋は「なおとぃ」っていう名前で10年くらいやっていました。夫のイニシャルがNAOTO YAMAZAKIで、名前と英語の「TOY」を組み合わせて「NAOTOY」、なおとぃと読みます。開店した当時、お向かいの加藤豆腐店さんは、息子さんが夫と同級生だから、面倒見てくれたり、昔隣にあった自転車屋さんも「若い人が近くで頑張ってくれるのは嬉しいわ」って言ってくれたりしました。でもおもちゃ屋だから、お客さんはほとんど子どもたちで、しょっちゅう来てくれたわけではないんだけど(笑)あたたかく見守ってくれている感じはしましたね。

それから、当時流行っていた自宅カフェを開くのが夢だったので、夫に相談したら「手料理、美味しいし、それをお客さんに出してみるのが良いね」と、お店の一角にカフェのコーナーを作ってもらえました。カウンターとテーブル席が、1〜2席くらいしかない、ささやかなものなんだけど、親子連れで来られて、子どもたちがおもちゃを吟味している間に、お母さんがコーヒーを楽しんでもらう、みたいな。

オープン当時は、ちょうど6月で花火をたくさん仕入れて、手書きのチラシを印刷してもらい、新聞折込チラシで宣伝しました。その後も、開店して最初の頃はチラシを見て来てくれた人が多くて、だんだん道端を歩く子どもたちの間で「おもちゃ屋がある」って話題になり、少しずつお客さんが増えていきました。当時流行だったカードゲームを専門で扱うお店が、町内には他になかったし、外に置いていたガチャガチャなどが目を引いたのかもしれません。基本は小学生が中心、中学生も「なんとなく来てみた」っていう常連さんがいたり、高校生は軽く昼食とかパフェをって感じで寄ってくれる子がいたりしました。今の様にインターネット環境が整っていなかったから、SNSなどで発信する術もなく、ただお客様をお待ちしていました。

そのうち、常連さん含めうちの子たちも成長していく中で、どうやって商売を続けていこうか考えていたタイミングで、お隣の新聞屋さんから販売店をやらないかっていう話をいただいたんです。すでに夫が配達のアルバイトをしていたんですが、当時の店主さんが急に倒れちゃって、うちに話が来たんですね。

収入を上げなくちゃって考えていた時だったから「じゃあやります!」って、急におもちゃ屋から新聞の販売店になりました。そのあとは、もう目まぐるしくて。おもちゃの在庫と新聞がごちゃごちゃに置いてある状態が、しばらく続きました。流れに身を任せて、ここまできたなって感じます。

春日さんの一日

ON

02:45 起床
03:15 お湯を沸かしたり花に水やりをしたり
03:40 新聞配達へ出発
05:30 帰宅、洗濯やお弁当の準備
07:00 朝食
08:00 仮眠
10:30 名寄市へ出発
12:00 コミュニティFMの2時間生放送
15:30 名寄市で買い物等の用事を済ませて帰宅
16:00 制服に着替えてセレモニーサポートの仕事へ
20:00 ごろ帰宅、翌日のお弁当の準備など
22:00 就寝

OFF

05:15 起床、お弁当作ったり洗濯物を干したり
07:00 朝食
08:00 映画を見たり読みきれなかった新聞を読んだり、ゴロゴロしたり自分の時間
12:00 町内の喫茶店「コーヒーのアポロ」で昼食
14:00 読書をしたり新聞の続きを読んだり、再び自分の時間
16:00 五味温泉へ。入浴後に夕食
19:00 帰宅
20:00 翌日の準備
22:00 就寝

気づいたら肩書きは10個以上…でも楽しい理由

「なおとぃ」を閉めてからは、新聞販売店を続けていますが、他の仕事やボランティアをいくつか掛け持ちしています。仕事としては、お葬儀が入った時に受付や司会の仕事をする「下川セレモニーサポート」をしています。ボランティアとしては、隣街の名寄市のコミュニティーFMのパーソナリティを週2回。パーソナリティは15年勤めていますね。それから下川消防団、商工会女性部、しもりんポイントカード会、役場の各委員、公職。などなど。どこに行っても、だいたい私がいるって感じている人も多いと思います(笑)。 主婦になりたての頃は子育てのためにずっと家の中にいて、友達もほとんどいなかったんですよね。でも義理のお母さんが、どこに行っても声をかけられたり挨拶したりしているのを見て、町内のみんなが知り合いなんだなと感じていました。「どうしたら、お義母さんみたいになれるんだろう」って憧れていたんです。

「下川消防団」の勧誘委員会の委員長もになっている春日さん。「新しい団員、募集中です!」とのこと

だから、うちの子たちが社会人になってからは、声をかけられたらできるだけ顔を出すようにしています。今では子どもたちに「どこに行けば、お母さんのことを知らない人がいるの?」って言われるほどです(笑)。自分でも足を運ぶようにしていたら、だんだんとあちこちから声がかかるようになりました。夜の時間にイベントに参加したり会議に出られる人ってあんまりないし、女性だと特に貴重みたい。

もちろん、イベントごとが楽しいからとか、好きだからこそ参加していますが、絶対的に理解ある夫をはじめ、自分が暮らし始めてからいろんな人に助けてもらったり、よくしてもらったりしたから、その恩返しがしたいって思っているんですよね。だから、誘われたり頼まれごとをしたりしても、ほとんど断らないかな。私には、それぐらいしかできないなと思って。

下川町には、意欲のある、新しい人がどんどん入って来てくれるから、楽しいです。知らない間にいなくなっちゃって、残念だなあって思うこともあるけど……。でも、今まで私達が気づかなかったようなことや、やらなかったようなことがどんどん始まっているし、出来る限り応援したい。私も力になれるなら参加したいって、思っています。

Text:Misaki Tachibana   Photo:Yujiro Tada

移住者へのインタビュー

できるだけどんなことにも参加して、地域に恩返しをしたい

2021.11.30

下川町に暮らす女性たちの移住のきっかけは、結婚や転職など人それぞれ。...

山崎春日さん

45歳 新聞屋、ラジオパーソナリティボランティア、セレモニーサポート

Read more...

いつも誰かが、楽しい道へ導いてくれる

2021.3.25

下川には、手作りが好きな女性たちが作品を持ち寄り、イベント出展などをする「森のてしごとや」という有志のグループがあります...

橋本光恵さん

橋本光恵 44歳 旭川市出身

Read more...

活かしあうつながりのなかで“生産”する暮らしを

2021.1.11

筆者が下川に移住する前、「モレーナ」店主・栗岩さんの記事を、何度も読みました。絵を描きながら海外を旅して、...

富永夫妻

富永紘光 2012年移住 /宰子 2017年移住

Read more...

持続可能な社会を目指して、下川町にたどり着き暮らし続ける理由

2020.6.1

取材をしたのは、2020年3月末。コロナウイルスの感染拡大による自粛要請が、日本各地へ広がり出した、ちょうどその頃です...

奈須憲一郎

46歳 1999年移住 愛知県名古屋市出身

Read more...

あこがれていた田舎暮らし。無理せず紡ぎ、つづる日々

2020.1.28

都会と田舎、どちらが良いかなんて、誰にも決められません。両者それぞれに、泥臭いところも魅力的なところも、たくさんあります...

鈴木和夫

58歳 美幌町出身 1992年移住

Read more...

自分の気持ちに正直に、ていねいな暮らしを目指して

2019.12.20

生活の中の「今の暮らし、しっくりこないな」という違和感は、時折心の片隅に一筋の煙のように立ち上がってきます...

藤原佑輔

35歳 札幌出身 2017年移住

Read more...

会社と家を往復する忙しさを脱し、農業の道へ

2019.9.30

「子牛、見ていきますか?」と誘われて牛舎に入ると、かわいらしい子牛たちが私たちを見上げ、近づけた手をぺろりと舐めた...

吉田公司

58歳 網走市 2009年移住

Read more...

暮らしと経営、長く続けられる酪農業を

2019.9.20

「子牛、見ていきますか?」と誘われて牛舎に入ると、かわいらしい子牛たちが私たちを見上げ、近づけた手をぺろりと舐めた...

豊田さんファミリー

2014年移住

Read more...

野生に返れる楽しさ、川の魅力を伝えたい

2019.6.11

「小学校1年生のときの文集で『北海道で自然ガイドをしたい』って書いてたんですよね」。その夢がいま、叶ってるんです、と嬉しそうに話す...

園部峻久

2018年移住

Read more...

50年以上愛されてきた卵を通して、新しい幸せを

2019.4.2

「楽しみは、自分で探さないとね」と村上さんがつぶやくと、能藤(のとう)さんはふっと笑った。50年以上の歴史がある「阿部養鶏場」を札幌の...

あべ養鶏場

2016年移住

Read more...

素直に飾らずに暮らせるのがいいんです

2019.3.25

雪にめがけて走り出した息子さんをやさしい眼差しで見守りながら「この子は下川生まれですからねぇ」とつぶやいた。...

高松峰成/慧

2016年5月移住

Read more...

仲間とともに「家具乃診療所」を始めたい

2018.11.19

「一の橋に来てから、人のことを『人間』って言うようになったんですよね」。 木屑が雪のように降り積もる工房の中で、河野さんは「なんでだろう」...

河野文孝

41歳 埼玉県川越市 2016年移住

Read more...

自ら何かを生み出し、恩返しもしていきたい

2018.10.26

「このあいだ作ったフサスグリのジュース、飲んでみます?」 真っ青な空と、緑が映える木々をバックに、「cosotto, hut」は、まさに「こっそりと」...

山田香織/小松佐知子

山田さん福島県出身/小松さん岩手県出身

Read more...

小さいころに食べた下川のおいしいフルーツトマトを作りたい

2018.8.24

研修ハウスで今年から始めたフルーツトマトを眺めながら、直紀さんが「これはちょっと難しい品種で、まだまだうまくいかないんですよね...

睦良田 直紀/まい子

名寄市出身2017年に移住

Read more...

物事を俯瞰する。意志にとらわれすぎず生きていきたい。

2018.5.21

「最近は・・・なんだか落ち着かないですねぇ」 麻生さんはゆったりとした口調でそう言いながら木のカップにコーヒーを注ぎ、...

麻生翼

NPO法人代表理事 愛知県出身

Read more...

誰もやったことのない表現や技術で作品をつくりたい。

2018.2.26

撮影に伺った日は、ちょうど下川神社に奉納する干支のチェンソーアートを制作中だった児玉さん。親子のオオカミの形をした作品を見せてくれた。...

児玉(木霊)光

チェンソーアーティスト 愛媛県生まれ

Read more...

minami

旅をしたら、地元の名産が食べたいでしょう。下川ならではの店をやりたい

2017.11.2

「どうぞ、いらっしゃいませ」 開店前の忙しい時間、私たちが訪れると、仕込みの途中だったのか白い前掛けを外しながら調理場から出てきてくれた...

minami

南 匡和

飲食店経営 札幌市生まれ

Read more...

komine

夢見てきた田舎暮らし。健やかでおいしいトマトを一生つくり続けたい。

2017.08.10

「この箱詰めが終わるまで、ちょっと座って待っててくれる?」訪れた私たちをちらっと目視したあと、笑顔のままで目線を手元に戻しつつ...

komine

中田 豪之助/麻子

東京都出身 2005年に移住

Read more...

komine

だれもが物々交換をしているような、地域と自然と経済を生み出したい

2017.07.11

「これ、どうぞ。今日のおやつです。妻が作ったのでみなさんも食べてください」そう言って差し出されたのは、ヨモギの蒸しパン。

komine

小峰 博之

福岡県生まれ 1998年に移住

Read more...

森の恵みを作品にする。「つくる」という人生を送りたい

2017.03.24

このあいだ、町役場から連絡が来て。町有林で出たパルプ材の中で欲しい木があったら、森に来て印をつけといてって言われてね。

usuda

臼田 健二

静岡県出身 2015年に移住

Read more...

スポーツ、健康、医療、福祉。下川だからできる連携を生み出したい

2017.03.10

「あ、雪が降って来たねぇ。じゃあ、外に行ってみようか?」 和也さんの声に、待っていましたとばかりに「うん!」と答える娘さん...

takemoto-002

竹本 和也/竹本 礼子

2008年に移住

Read more...

visual-interview-03

終わりのない、答えのでないものを、ずっと考え続けていきたい。

2016.12.30

北海道に憧れて、大学卒業後に北海道新聞の記者として移住してきた荒井さん。道内を飛び回る充実した日々の中で、ふつふつと沸いてくる...

荒井 友香

茨城県出身 2015年に移住

Read more...

visual-interview-02

森のあるライフスタイルを、私たち自身が体現していきたいんです。

2016.12.22

二人が出会ったのは2004年。すでに下川に移住していた大輔さんの勤め先である下川町森林組合に、真理恵さんが興味を抱いて...

田邊大輔/真理恵

2004年に移住/2007年に移住

Read more...

旅をして、自然の中で暮らす。自分のやりたいことをやると決めたんです。

2016.11.10

下川に移住を決めたのは、世界一周の旅の最中でした。もう5年も終わりのないような旅をしていたのですが、日本に帰ろうと思って。

_mg_7687

栗岩 秀彦

静岡県出身 1991年に移住

Read more...