佐藤 飛鳥さん
佐藤飛鳥さん

下川町に来てから、
自分の世界が広がった

Profile

佐藤 飛鳥

25歳 
埼玉県出身 2017年移住


人口の少ない地域での暮らしは閉鎖的、というイメージは、決して珍しくないのではないでしょうか。声優の専門学校に通っていた佐藤飛鳥さんは、進路を考えた末、自力で下川町を探し出し、足を運び、埼玉から移住しました。約5年間の暮らしの中で、佐藤さんは「下川町に来てから自分自身が変わって、世界が広がった」と話します。その背景には、佐藤さんが下川町で出会った人々の、あたたかい寛容さがありました。

interview:2021年11月

佐藤飛鳥さん

佐藤 飛鳥

埼玉県出身

佐藤飛鳥さん

声優志望から進路変更、酪農業の道へ

もともとは高校を卒業して、声優の専門学校に2年通っていました。2年生になると進路を決めますが、学生のほとんどはプロを目指します。自分はプロではなく、一般就職の道を選びました。声優の専門学校だから、ふつうの会社に就職するための情報は何もない。自分で探すしかなくて。だから、まず自分に何が向いているのか知るために、適職診断を受けました。そしたら、診断結果の中に「酪農」というキーワードを見つけました。その診断以外にも、仕事について調べる中で酪農という言葉をよく目にするようになったから、気になり始めたんです。で、「酪農といえば、北海道だよな」と思って、北海道のことも調べ始めたら、ちょうどそのタイミングで浅草で移住フェアと、池袋で農業セミナーが開かれると知りました。しかも同じ日に開催されることが分かって。

じゃあまず移住フェアに行ってみようと思って、足を運んでみました。会場には自分くらいの世代の人はほとんどいなくて。当時19歳だったんですけど、イベント自体が「老後を田舎でのんびり過ごしましょう」っていう、退職者向けだったんですね。だから、全然相手にされませんでした。でもせっかく来たし、とりあえず情報だけでも集めようと思ってパンフレットとかを見ていたら、突然「温泉好きですか」って話しかけられたんです。「誰だ、この人」って思ったんですけど(笑)「はい、好きです」って答えて話をしたら、下川町っていう町の役場の人だと分かって。言われるがままに下川町ブースに着いて行きました。「どうしてこのフェアに来たの?」って聞かれて、いろいろ会話をする中で、すごく親身になってくれるなと思いました。他の地域の人には見向きもされなかったから、今でもすごく印象に残っています。それまで自分も下川町のことを知らなかったけど、話をしているうちに興味が湧いてきて、「ふるさとワーキングホリデー」(*)という制度を教えてもらいました。それが、下川町との出会いです。

(*) 都市に暮らす若い人たちが、一定の期間、地域に滞在し、働いて収入を得ながら、地域の人たちとの交流の場や学びの場などを通して、通常の旅行では味わえない、地域を丸ごと体感してもらい、地域とのかかわりを深めてもらおうという総務省主催のプログラム。ポータルサイト参照

佐藤飛鳥さん

3週間の滞在を経て移住を決意した理由

移住フェアの後に、農業セミナーにも行って担当の人と話をしました。その後も下川町の人と連絡を取り合って、「ふるさとワーキングホリデー」の制度を活用して、3週間、しもかわ観光協会でお世話になることが決まりました。初めて下川町に来たのは、2017年2月です。観光協会の事務局長の高松さんに連絡を取って、迎えに来てもらいました。オンラインで面接をしていたから顔は知っていたけど、会うのは初めてだったので、緊張しましたね。

2月はちょうど、アイスキャンドルミュージアムっていうイベントが行われる時期です。自分は、そのお手伝いをすることになりました。当時ちょうど「移住者カフェ(現・タノシモカフェ)」が始まったばかりで、観光協会事務局長の高松さんに高松さんに「僕も行くから一緒に行こう」って誘ってもらいました。初めて会う人ばかりだったから緊張していたけど、「どこから来たの?」っていろんな人に声をかけてもらって。挨拶回りをしたり、仕事で知り合ったりすることはありましたが、「移住者カフェ」では、仕事とは関係ない立場で、下川町の人とたくさん交流できました。

いろんな人と知り合ううちに「下川町、いいな」って思うようになりました。正直、19歳の若造だし「部外者だ」って思われて受け入れられないかもなって思っていたんです。でも、自分に興味を持って話しかけてくれる人が、すごくたくさんいて。あとは「やりたいことを口にしたら、いろんな人が応援してくれる。挑戦しやすい町だよ」という話も聞きました。住んでいる人たちの、あたたかみを感じて、当時自分が持っていたイメージを、いい意味でガーンと壊されました。

学生の時は関東に住んでいたけど、例えば誰かが転んでも無視するような雰囲気が、都会にはあったと感じます。正直自分も「他人がどうなろうと知らない」と思っている部分がありました。そういう環境が当たり前だったけど、下川町に来て、隣にいる人に対して気を配るというか……面倒を見てくれる人がたくさんいる環境が初めてで、いいなと思ったんです。

就職活動も兼ねていたので、3週間滞在している間に、いくつかの会社も見学させてもらいました。その中の一社に、採用してもらえることになって。4月には、もう下川町に移住することを決めました。

佐藤飛鳥さんの一日

ON

07:10 起床
07:40 家を出る
08:00 出勤
12:00 昼食
13:00 作業再開
16:00 現場作業を終え事務所へ
17:30 退社
17:40 帰宅、身支度を整える
18:30 家を出て稽古場へ向かう
19:00 稽古スタート
22:00 稽古終了
22:30 帰宅
01:00 就寝

OFF

08:00 起床
10:00 朝食食べたり、掃除をしたりゆっくりする
11:00 台本確認
12:00 「コーヒーのアポロ」で昼食
14:00 帰宅
15:00 自由時間
16:00 台本確認
17:00 食事の準備
18:00 夕食
18:30 家を出て稽古場へ向かう
19:00 稽古スタート
22:00 稽古終了
22:30 帰宅
00:00 就寝

自分から行動するようになったのは下川町で暮らし始めてから

実際に暮らし始めて、もう5年くらい経ちますが、人があたたかいなって感じた最初の印象は、今も変わっていません。住み始めて、困ったことがあったら助けてもらったこともあります。「やりたいことを応援してくれる」という話は、引っ越す前はあんまりイメージが湧かなくて。でも今は、本当にチャレンジしやすい町なんだなと感じます。

例えば、引っ越してきて3ヶ月後の7月に「森ジャム」というイベントがありました。もともと声優を目指していたこともあり、人前で何かを発表したり演じたりすることに自信があったから、「森ジャムで朗読とかできないかな」ってポロッと誰かに言ったんです。そしたらその話がとんとん拍子に進んで、実際に森の中で朗読をやることになりました。

自分は一般就職を選んだから「専門学校の卒業公演が自分の人生で最後の芝居だ」と、もう芝居に関わることはないと思っていました。でもまさか、またやることになるとは思ってもみませんでした。しかも、下川町で。

2020年2月に開催された町内のイベント「アイスキャンドルミュージアム」の様子(写真:筆者撮影)

2021年3月に上演した『ことはじめ』(写真提供:佐藤飛鳥)

それから、芝居に対する熱がまた復活してきて、公演を観に行ったり、芝居ができる環境を探したりするようになりました。2018年6月には、初めて隣町の名寄市で舞台に立たせてもらって。芝居仲間もできて、人脈がどんどん広がりました。移住した当初は、知り合いができるのは下川町の近隣くらいかなと思っていたけど、芝居に関わるようになったらどんどん広がって、今では旭川市や滝川市でも、連絡を取り合う人ができました。

もともと自分は、人の輪に関わろうとする人間ではなくて。でも、知らない人の集まる場所に出向いて、誰かに話しかけるとか、自分から行動を起こすようになったのは、下川町に来てからです。下川の人たちが、初対面にもかかわらず自分に興味を持って話しかけてくれたからかもしれません。それに、自分がやりたいと言ったことを、応援してくれる人が下川にはたくさんいたからかもしれません。芝居だけをやりたいなら、札幌とか東京に住んだ方がいいかもしれないけど、自分はそういうわけではないし、下川町が好きだから。ここに住みながら、芝居とか自分が興味のあることに関わり続けたいって思いますね。

初舞台のあとも「アイスキャンドルミュージアム」で朗読をやったり人形劇をやったりしました。士別市朝日町の市民劇が主催の2021年3月の公演では、主役・座長をやらせてもらいました。劇場には、下川町の人もたくさん観に来てくれました。最近、名寄市の劇団にも入れてもらったから、次の公演でも、前回の反省を活かして、もっといい芝居をしたいなって思っています。下川町でも、何か新しいことができたらなと。例えば自分で人形を手作りして、人形劇をやったり、影絵をやったり。

自分は生まれも育ちも埼玉県だから、下川町を初めて知ったときに「自分の知らない世界があるんだ」という驚きがありました。実際に下川町で暮らしてみて思うのは、自分の知らない世界がまだまだたくさんあるんだなっていうこと。インターネットや本で調べる情報よりも、五感で得られる情報っていうのは、すごくたくさんあるんだなって、下川町で暮らし始めて実感しました。今後、ちょっとでも行ってみたい、やってみたいって思うことがあったら、どんどん行こう、やってみようっていうふうに、思っています。

Text:Misaki Tachibana   Photo:Yujiro Tada

移住者へのインタビュー

型にはまらずやってみよう納得感のある暮らしを求めて

2022.03.29

新型コロナウイルスの蔓延による、あらゆる行為の自粛は、私たちの暮らしを見直す、忘れられないきっかけの一つになりました。...

山本菜奈さん/林将平さん

神奈川県出身 東京都出身

Read more...

下川町に来てから、自分の世界が広がった

2022.03.29

人口の少ない地域での暮らしは閉鎖的、というイメージは、決して珍しくないのではないでしょうか。声優の専門学校に通っていた佐藤飛鳥さんは、...

佐藤飛鳥さん

25歳 埼玉県出身 2017年移住

Read more...

できるだけどんなことにも参加して、地域に恩返しをしたい

2021.11.30

下川町に暮らす女性たちの移住のきっかけは、結婚や転職など人それぞれ。山崎春日さんは下川町の隣町の名寄市で育ち、結婚を機に...

山崎春日さん

45歳 新聞屋、ラジオパーソナリティ

Read more...

いつも誰かが、楽しい道へ導いてくれる

2021.3.25

下川には、手作りが好きな女性たちが作品を持ち寄り、イベント出展などをする「森のてしごとや」という有志のグループがあります...

橋本光恵さん

橋本光恵 44歳 旭川市出身

Read more...

活かしあうつながりのなかで“生産”する暮らしを

2021.1.11

筆者が下川に移住する前、「モレーナ」店主・栗岩さんの記事を、何度も読みました。絵を描きながら海外を旅して、...

富永夫妻

富永紘光 2012年移住 /宰子 2017年移住

Read more...

持続可能な社会を目指して、下川町にたどり着き暮らし続ける理由

2020.6.1

取材をしたのは、2020年3月末。コロナウイルスの感染拡大による自粛要請が、日本各地へ広がり出した、ちょうどその頃です...

奈須憲一郎

46歳 1999年移住 愛知県名古屋市出身

Read more...

あこがれていた田舎暮らし。無理せず紡ぎ、つづる日々

2020.1.28

都会と田舎、どちらが良いかなんて、誰にも決められません。両者それぞれに、泥臭いところも魅力的なところも、たくさんあります...

鈴木和夫

58歳 美幌町出身 1992年移住

Read more...

自分の気持ちに正直に、ていねいな暮らしを目指して

2019.12.20

生活の中の「今の暮らし、しっくりこないな」という違和感は、時折心の片隅に一筋の煙のように立ち上がってきます...

藤原佑輔

35歳 札幌出身 2017年移住

Read more...

会社と家を往復する忙しさを脱し、農業の道へ

2019.9.30

「子牛、見ていきますか?」と誘われて牛舎に入ると、かわいらしい子牛たちが私たちを見上げ、近づけた手をぺろりと舐めた...

吉田公司

58歳 網走市 2009年移住

Read more...

暮らしと経営、長く続けられる酪農業を

2019.9.20

「子牛、見ていきますか?」と誘われて牛舎に入ると、かわいらしい子牛たちが私たちを見上げ、近づけた手をぺろりと舐めた...

豊田さんファミリー

2014年移住

Read more...

野生に返れる楽しさ、川の魅力を伝えたい

2019.6.11

「小学校1年生のときの文集で『北海道で自然ガイドをしたい』って書いてたんですよね」。その夢がいま、叶ってるんです、と嬉しそうに話す...

園部峻久

2018年移住

Read more...

50年以上愛されてきた卵を通して、新しい幸せを

2019.4.2

「楽しみは、自分で探さないとね」と村上さんがつぶやくと、能藤(のとう)さんはふっと笑った。50年以上の歴史がある「阿部養鶏場」を札幌の...

あべ養鶏場

2016年移住

Read more...

素直に飾らずに暮らせるのがいいんです

2019.3.25

雪にめがけて走り出した息子さんをやさしい眼差しで見守りながら「この子は下川生まれですからねぇ」とつぶやいた。...

高松峰成/慧

2016年5月移住

Read more...

仲間とともに「家具乃診療所」を始めたい

2018.11.19

「一の橋に来てから、人のことを『人間』って言うようになったんですよね」。 木屑が雪のように降り積もる工房の中で、河野さんは「なんでだろう」...

河野文孝

41歳 埼玉県川越市 2016年移住

Read more...

自ら何かを生み出し、恩返しもしていきたい

2018.10.26

「このあいだ作ったフサスグリのジュース、飲んでみます?」 真っ青な空と、緑が映える木々をバックに、「cosotto, hut」は、まさに「こっそりと」...

山田香織/小松佐知子

山田さん福島県出身/小松さん岩手県出身

Read more...

小さいころに食べた下川のおいしいフルーツトマトを作りたい

2018.8.24

研修ハウスで今年から始めたフルーツトマトを眺めながら、直紀さんが「これはちょっと難しい品種で、まだまだうまくいかないんですよね...

睦良田 直紀/まい子

名寄市出身2017年に移住

Read more...

物事を俯瞰する。意志にとらわれすぎず生きていきたい。

2018.5.21

「最近は・・・なんだか落ち着かないですねぇ」 麻生さんはゆったりとした口調でそう言いながら木のカップにコーヒーを注ぎ、...

麻生翼

NPO法人代表理事 愛知県出身

Read more...

誰もやったことのない表現や技術で作品をつくりたい。

2018.2.26

撮影に伺った日は、ちょうど下川神社に奉納する干支のチェンソーアートを制作中だった児玉さん。親子のオオカミの形をした作品を見せてくれた。...

児玉(木霊)光

チェンソーアーティスト 愛媛県生まれ

Read more...

minami

旅をしたら、地元の名産が食べたいでしょう。下川ならではの店をやりたい

2017.11.2

「どうぞ、いらっしゃいませ」 開店前の忙しい時間、私たちが訪れると、仕込みの途中だったのか白い前掛けを外しながら調理場から出てきてくれた...

minami

南 匡和

飲食店経営 札幌市生まれ

Read more...

komine

夢見てきた田舎暮らし。健やかでおいしいトマトを一生つくり続けたい。

2017.08.10

「この箱詰めが終わるまで、ちょっと座って待っててくれる?」訪れた私たちをちらっと目視したあと、笑顔のままで目線を手元に戻しつつ...

komine

中田 豪之助/麻子

東京都出身 2005年に移住

Read more...

komine

だれもが物々交換をしているような、地域と自然と経済を生み出したい

2017.07.11

「これ、どうぞ。今日のおやつです。妻が作ったのでみなさんも食べてください」そう言って差し出されたのは、ヨモギの蒸しパン。

komine

小峰 博之

福岡県生まれ 1998年に移住

Read more...

森の恵みを作品にする。「つくる」という人生を送りたい

2017.03.24

このあいだ、町役場から連絡が来て。町有林で出たパルプ材の中で欲しい木があったら、森に来て印をつけといてって言われてね。

usuda

臼田 健二

静岡県出身 2015年に移住

Read more...

スポーツ、健康、医療、福祉。下川だからできる連携を生み出したい

2017.03.10

「あ、雪が降って来たねぇ。じゃあ、外に行ってみようか?」 和也さんの声に、待っていましたとばかりに「うん!」と答える娘さん...

takemoto-002

竹本 和也/竹本 礼子

2008年に移住

Read more...

visual-interview-03

終わりのない、答えのでないものを、ずっと考え続けていきたい。

2016.12.30

北海道に憧れて、大学卒業後に北海道新聞の記者として移住してきた荒井さん。道内を飛び回る充実した日々の中で、ふつふつと沸いてくる...

荒井 友香

茨城県出身 2015年に移住

Read more...

visual-interview-02

森のあるライフスタイルを、私たち自身が体現していきたいんです。

2016.12.22

二人が出会ったのは2004年。すでに下川に移住していた大輔さんの勤め先である下川町森林組合に、真理恵さんが興味を抱いて...

田邊大輔/真理恵

2004年に移住/2007年に移住

Read more...

旅をして、自然の中で暮らす。自分のやりたいことをやると決めたんです。

2016.11.10

下川に移住を決めたのは、世界一周の旅の最中でした。もう5年も終わりのないような旅をしていたのですが、日本に帰ろうと思って。

_mg_7687

栗岩 秀彦

静岡県出身 1991年に移住

Read more...