7/17(土)シモカワベアーズ・協力隊活動報告会を開催します

2021年6月23日

北海道下川町

 地域おこし協力隊は、都市から地方に移住し、​その土地で様々な地域協力活動を行いながら定住・定着を図ることを目指した総務省の制度で、多くの自治体が制度を活用しています。
 下川町でも積極的に制度を活用し、現在6名の方が地域おこし協力隊として活動していますが、一概に協力隊といってもその活動内容は多岐にわたります。

 例えば、起業することを目的とした地域おこし協力隊である「シモカワベアーズ」や、地域の教育に取り組む 「教育コーディネーター」、小中学校でPCを活用した授業の支援を行う「ICT支援員」など、様々な分野で活躍しています。

 今回の報告会は、そんな下川町の地域おこし協力隊が、今どのような活動をしているのかや、事業にかける想いを多くの方に 知っていただくオープンな場です。(zoom での参加も可能です!)

 後半は、懇親会をかねてタノシモカフェを行います。シモカワベアーズや協力隊メンバーも参加するのでこ れを機に仲良くなったり、いつもタノシモカフェのように和気あいあいと楽しんだり、事業に対する 質問するのもOK !みんなで楽しい時間を過ごしましょう!どちらかだけの参加や途中の入退出も可能です。お気軽に足をお運びください。

下川町 /></div>
<div align=

         昨年の報告会の様子

さまざまな取組みを聞く良い機会です

活動報告会の詳細

 

シモカワベアーズとは


「シモカワベアーズ」は、起業することをミッションとした地域おこし協力隊です。
「スキを仕事に」を切り口に、やりたいことをカタチにしようとする起業家を募集しており、今年で5年目になります。
現在3名がシモカワベアーズとして活動しています。どれもワクワクするような事業ばかりです。

ベアーズメンバー紹介


北海道下川町

▼塚本あずささん(写真右)
 2019年度ベアーズに着任。イギリスでアロマセラピーの資格を取り、帰国後は表参道のリラクゼーションサロンに勤務。その間に漢方の資格を取得。町の健康サポートのための漢方事業を準備中。

▼大石陽介さん(写真左)
 2020年度ベアーズ着任。ファミリーで移住し、しもかわをまるごとフィールドにしたおもてなしの宿、そしてぐるっとつなぐオーダーメイドトリップを組み合わせた事業に向け、絶賛準備中。

▼安部晋平さん(写真中央)
 2021年ベアーズ着任。ニュージーランドの映画館で働きながら、運営方法を学び、下川町で映画館を作ることが目標。


地域おこし協力隊紹介


シモカワベアーズの他にも、地域おこし協力隊として活躍している方がたくさんいます。
今回のイベントには2名の協力隊にも活動についてお話しいただきます。

北海道下川町

▼本間莉恵さん(写真左)
2019年度着任。地域の教育に取り組む 「教育コーディネーター」として小中高校と連携した取り組みを行っている。

▼切岸智紀さん(写真右)
2021年度着任。小中学校でPCを活用した授業の支援を行う「ICT支援員」として活動中


発表内容


 現在の取り組み内容や、事業にかける想い、これからの展望、ご協力をお願いしたいコトなどをお話ししていただきます。ベアーズや協力隊に興味のある方や、コラボしてみたい、など考えている方はぜひお越しください。
また、「シモカワベアーズ」については、今年度も募集予定ですので、ベアーズの活動がどんなものか知りたい方、応募を検討している方もぜひご参加ください。

▼こんな方にオススメ
・シモカワベアーズ・協力隊の活動に興味がある
・2022年度のシモカワベアーズに応募したい!
・シモカワベアーズや、協力隊とコラボしてみたい!
・とにかく色々な人と交流を深めたい!

〇お申込み・お問合せ先
 下川町産業活性化支援機構タウンプロモーション推進部
 mail:info@shimokawa-life.info


SHARE