持続可能な社会を目指して、
下川町にたどり着き暮らし続ける理由

Profile

奈須憲一郎

46歳 1999年移住 愛知県名古屋市出身


取材をしたのは、2020年3月末。コロナウイルスの感染拡大による自粛要請が、日本各地へ広がり出した、ちょうどその頃です。「次々とおもしろいアイディアが浮かんでいるけど、まだ形にできない状況だから、ジレンマがすごいんだよね」と話すのは、奈須憲一郎さん。

1999年に下川町に移住して以降、行政と民間の経験を経ながら常に一貫したテーマを持ち続け、地域のプレイヤーとして活動しています。そのテーマの研究対象として、なぜ下川を選んだのか、選び続けるのか、お話を伺います。

1999年移住 愛知県名古屋市出身

地方自治は民主主義の学校

下川町に初めて訪れたのは、1996年。僕が大学に通っていたときです。研究対象は移住・定住がメインでしたが、その根本には「持続可能な社会を作る」という自分なりのテーマがありました。学生時代から今まで、一貫してこのテーマを持ち続けています。

「持続可能な社会を作る」というテーマを考える中で、最初は科学技術で環境問題を克服しようと思っていました。けれど、科学技術が原因で環境問題が発生しているのだと分かりました。科学技術をコントロールできる社会にならないと、本当の意味で環境問題は克服できない。そこで次に着目したのは、政治です。政治が機能すれば、地域資源の活用が見直されたり、仕組みが整ったりして、根本的な環境問題の解決につながるのでは、と思いました。エネルギーが自給できる地域が各地に広がれば奪い合いも起きないし、二酸化炭素の排出量も抑えられる。けれど、そうした自主的な動きは少なかったんです。

「地方自治は、民主主義の学校である」という言葉、ご存知ですか。イギリスの政治家・法学者・歴史学者のジェームズ・ブライスという人の言葉ですが、僕もこの言葉に共感していて。政治に関わって持続可能な社会を作るには、人口規模の大きい都市だと時間がかかるし、むずかしいと思い、小さなコミュニティを探し始めました。

いまだに、地方から都市部へ人が流出する流れが止まらないのが、今の日本の現実です。高齢の方は亡くなり、生まれる子どもは減る一方。新しく地域に移住してくる人がいないと、人口は減り続けて日本の地域はどんどん消えてしまうんです。地域を維持するためにも移住者は必要なんですね。それに、外の目線を持って地域に入ると、今まで埋もれていたものが再発見されて、それが経済的動きにつながることもある。他所から人が入ってきて新しいものを生み出す動きが地域の魅力を際立たせて、さらに人が入ってくる好循環が生まれるのでは、という仮説がありました。

あそべや

奈須さんが立ち上げ、管理人として運営している「あそべや」

あそべや

「あそべや」に置いてあるゲームは自らセレクトしたもの

よそ者ウェルカムな雰囲気

あそべや

「持続可能な社会を作る」というテーマから、人口が減っている日本の地域では移住者が欠かせないという仮説を立てて、卒論では3つの事例を調べました。十勝と、下川町より北にある中川町、それから下川町です。ただ調査をするにも、単に移住政策だけを取り上げるのではなく、実際にどういう人が地域に移住してきて、何をしているのか社会学的に研究をしようと思いました。

そこで、大学院2年生の時に、2ヶ月ぐらいバイトしながら下川町に滞在していました。なぜ下川に注目したのかというと、移住者はもちろんだけど、U ターンをしてきた人にも、おもしろい人がたくさんいたから。いろんなジャンルの話題について、興味を持っている人とか見識がある人がいました。そういう下川町出身の人が多いのも、移住者が多い理由かもしれません。それに、「よそ者ウェルカム」な雰囲気もあったし、下川なら自分が立てた仮説を検証できるかもしれないと思いました。

バイトしながら町内で調査をしていた間に、ちょうど下川町役場の職員募集も始まったんですよね。自らが政治の内部に入りつつ、客観的な視点で観察してみたいと思い、採用試験を受けました。結果的に、大学院を卒業して、役場に就職しました。

奈須さんのかつての一日

娘さんの学校がある日

06:45 起床
07:45 子どもを見送って家事
09:00 ボードゲーム関連や執筆の仕事
16:00 晩ご飯のことを考え始める
17:30 児童クラブに子どもをお迎えに行く
18:00 晩ごはん作り
19:00 家族とゆっくり過ごす
21:00 下の子が就寝
22:00 自分の時間
24:00 就寝

娘さんの学校がお休みの日

08:30 起床
09:00 パンケーキを作ったり家事したり
13:00 「あそべや」オープン
19:00 「ボドゲ会」スタート
24:00 帰宅
24:30 「ボドゲ会」で遊んだゲームのルールチェック
26:00 就寝

持続可能な社会を実現するために

役場で6年くらい勤めましたが、プライベートで「さーくる森(しん)人類」という活動に参加していました。森づくりや、森を使った体験事業を、手弁当でやっていたグループです。けれど、みんなそれぞれ本業をしながら活動していたので、サークル活動を持続させていくのが難しくなってきました。

それから当時、移住者がなかなか定住しないということも課題になっていました。下川町の森林組合は、以前から独自に移住施策のようなものをやっていて、個性的な人がたくさん入ってきていました。その中には下川の循環型森林経営に共感して「持続可能な森づくりをしたい」という思いを持っている人も多かったんです。けれど、現場に入るとそういう思いはあまり尊重されなくて、理想と現実のギャップにショックを受けて、下川を離れる……という人たちがいました。

そこで、やりたいことがやりやすい職場を設けて、組織としても持続可能な社会をビジョンに据えれば、思いを持つ人の定着率は上がるかなと思ったんです。こうして、2005年に「NPO法人森の生活」を立ち上げました。2013年には、代表を麻生くんにバトンタッチしましたが、結果的に「森の生活」に就職したメンバーの中で、起業した人とか、職員ではなくなったけど下川には暮らし続けている人だとかもいて、そういう部分では持続可能な社会づくりに貢献できているのかなと思います。

使う人に合わせて用途が変わる「ホスティングハウス」構想

「森の生活」の代表を務めているときに、議員にも当選して以降、2期、町議会議員としても仕事をしました。今は何屋なのかと聞かれると……「職業・奈須憲一郎」かな(笑)。ボードゲームが大好きで、個人的に販売したり、町内の場所を使わせてもらってボードゲーム会を開催したりしていたんだけど、町内の方に物件を借りて「あそべや」というお店も始めました。これからはここを「ナンダカオモシロ荘」という名前で、いろんなことに活用していきたいと思っています。

下川町は、2018年にSDGs未来都市に選定されましたよね。でも、内実はまだまだ未成熟だと思っています。「ナンダカオモシロ荘」は、SDGsの趣旨に合うような、自然エネルギーを使った場所にしたいと思っています。エネルギーだけでなく、人も循環するような。もう一つのコンセプトは、文化的発酵。西興部村に、昔、日本酒の仕事をしていた浅野さんという方がいていろんなことを話すんだけど、発酵って改めておもしろいなと思ったんですよね。菌だけでなく、人間社会でも、いろんな異質な人が混ざり合って、発酵していくものもあれば腐敗していくものもある。そういう発酵が起きる場に、したいんだよね。

例えば、キッチンは誰でも利用できるようにして、日替わりマスターがお店をやったり、ある時はスナックのママがお店に立っていたり。ゲストハウスがゲストを受け入れる場なら、「ナンダカオモシロ荘」は、ホスティングハウスと言えばいいのかな。ゲストを迎える場所ではなくて、ホストをやりたい人を集める場。ホストの個性に合わせて、何色にでも変わるような。あわよくば、「ナンダカオモシロ荘」を通じて、独立する人が現れるような、インキュベーション的な機能も持たせたい。

それから、コワーキング的な機能も考えています。二階はちょっとしたオフィス的な利用ができるようにしたり、会議スペースを設けたり……。「自宅でオンラインの作業をやるのは、ちょっとなー」っていう人も、利用できるように。あとは、中学生をメインターゲットにした、自主学習支援もやろうと思っています。自分がそもそも何をやりたいのかを見つめて、今の自分の状態と、「こうありたい」と思う姿を描いたとき「今日は何をやる?」っていうことを考えられるような力をつける場です。 自分が何をやりたいのかとか、なぜ今それをやりたいのか、もしくはやりたくないのかを、対話しながら自主性を高めるような事業を、やりたいと思っています。いわゆるテストの点数を上げるためのお勉強の塾ではなく、自分のやりたいことを実現する力を養う塾、というか。

やりたいことは、いっぱいあります。ちょっと時間はかかるけれど、おもしろい人たちがたくさんいる町ですから、小さい動きでも、寄り集まれば、徐々に影響力も増してくるかな、と。思いついたことは、どんどん形にしこうと思っていて。動き出したら、全然違う方向に落ち着いてるかもしれないけど、仮説を立てて検証して、また仮説を立てて……の繰り返し。それがおもしろいんですよね。

Text:Misaki Tachibana Photo:Yujiro Tada

移住者へのインタビュー

あこがれていた田舎暮らし。無理せず紡ぎ、つづる日々

2020.1.28

都会と田舎、どちらが良いかなんて、誰にも決められません。両者それぞれに、泥臭いところも魅力的なところも、たくさんあります…

鈴木和夫

58歳 美幌町出身 1992年移住

Read more…

自分の気持ちに正直に、ていねいな暮らしを目指して

2019.12.20

生活の中の「今の暮らし、しっくりこないな」という違和感は、時折心の片隅に一筋の煙のように立ち上がってきます…

藤原佑輔

35歳 札幌出身 2017年移住

Read more…

会社と家を往復する忙しさを脱し、農業の道へ

2019.9.30

「子牛、見ていきますか?」と誘われて牛舎に入ると、かわいらしい子牛たちが私たちを見上げ、近づけた手をぺろりと舐めた…

吉田公司

58歳 網走市 2009年移住

Read more…

暮らしと経営、長く続けられる酪農業を

2019.9.20

「子牛、見ていきますか?」と誘われて牛舎に入ると、かわいらしい子牛たちが私たちを見上げ、近づけた手をぺろりと舐めた…

豊田さんファミリー

2014年移住

Read more…

野生に返れる楽しさ、川の魅力を伝えたい

2019.6.11

「小学校1年生のときの文集で『北海道で自然ガイドをしたい』って書いてたんですよね」。その夢がいま、叶ってるんです、と嬉しそうに話す…

園部峻久

2018年移住

Read more…

50年以上愛されてきた卵を通して、新しい幸せを

2019.4.2

「楽しみは、自分で探さないとね」と村上さんがつぶやくと、能藤(のとう)さんはふっと笑った。50年以上の歴史がある「阿部養鶏場」を札幌の…

あべ養鶏場

2016年移住

Read more…

素直に飾らずに暮らせるのがいいんです

2019.3.25

雪にめがけて走り出した息子さんをやさしい眼差しで見守りながら「この子は下川生まれですからねぇ」とつぶやいた。…

高松峰成/慧

2016年5月移住

Read more…

仲間とともに「家具乃診療所」を始めたい

2018.11.19

「一の橋に来てから、人のことを『人間』って言うようになったんですよね」。 木屑が雪のように降り積もる工房の中で、河野さんは「なんでだろう」…

河野文孝

41歳 埼玉県川越市 2016年移住

Read more…

自ら何かを生み出し、恩返しもしていきたい

2018.10.26

「このあいだ作ったフサスグリのジュース、飲んでみます?」 真っ青な空と、緑が映える木々をバックに、「cosotto, hut」は、まさに「こっそりと」…

山田香織/小松佐知子

山田さん福島県出身/小松さん岩手県出身

Read more…

小さいころに食べた下川のおいしいフルーツトマトを作りたい

2018.8.24

研修ハウスで今年から始めたフルーツトマトを眺めながら、直紀さんが「これはちょっと難しい品種で、まだまだうまくいかないんですよね…

睦良田 直紀/まい子

名寄市出身2017年に移住

Read more…

物事を俯瞰する。意志にとらわれすぎず生きていきたい。

2018.5.21

「最近は・・・なんだか落ち着かないですねぇ」 麻生さんはゆったりとした口調でそう言いながら木のカップにコーヒーを注ぎ、…

麻生翼

NPO法人代表理事 愛知県出身

Read more…

誰もやったことのない表現や技術で作品をつくりたい。

2018.2.26

撮影に伺った日は、ちょうど下川神社に奉納する干支のチェンソーアートを制作中だった児玉さん。親子のオオカミの形をした作品を見せてくれた。…

児玉(木霊)光

チェンソーアーティスト 愛媛県生まれ

Read more…

minami

旅をしたら、地元の名産が食べたいでしょう。下川ならではの店をやりたい

2017.11.2

「どうぞ、いらっしゃいませ」 開店前の忙しい時間、私たちが訪れると、仕込みの途中だったのか白い前掛けを外しながら調理場から出てきてくれた…

minami

南 匡和

飲食店経営 札幌市生まれ

Read more…

komine

夢見てきた田舎暮らし。健やかでおいしいトマトを一生つくり続けたい。

2017.08.10

「この箱詰めが終わるまで、ちょっと座って待っててくれる?」訪れた私たちをちらっと目視したあと、笑顔のままで目線を手元に戻しつつ…

komine

中田 豪之助/麻子

東京都出身 2005年に移住

Read more…

komine

だれもが物々交換をしているような、地域と自然と経済を生み出したい

2017.07.11

「これ、どうぞ。今日のおやつです。妻が作ったのでみなさんも食べてください」そう言って差し出されたのは、ヨモギの蒸しパン。

komine

小峰 博之

福岡県生まれ 1998年に移住

Read more…

森の恵みを作品にする。「つくる」という人生を送りたい

2017.03.24

このあいだ、町役場から連絡が来て。町有林で出たパルプ材の中で欲しい木があったら、森に来て印をつけといてって言われてね。

usuda

臼田 健二

静岡県出身 2015年に移住

Read more…

スポーツ、健康、医療、福祉。下川だからできる連携を生み出したい

2017.03.10

「あ、雪が降って来たねぇ。じゃあ、外に行ってみようか?」 和也さんの声に、待っていましたとばかりに「うん!」と答える娘さん…

takemoto-002

竹本 和也/竹本 礼子

2008年に移住

Read more…

visual-interview-03

終わりのない、答えのでないものを、ずっと考え続けていきたい。

2016.12.30

北海道に憧れて、大学卒業後に北海道新聞の記者として移住してきた荒井さん。道内を飛び回る充実した日々の中で、ふつふつと沸いてくる…

荒井 友香

茨城県出身 2015年に移住

Read more…

visual-interview-02

森のあるライフスタイルを、私たち自身が体現していきたいんです。

2016.12.22

二人が出会ったのは2004年。すでに下川に移住していた大輔さんの勤め先である下川町森林組合に、真理恵さんが興味を抱いて…

田邊大輔/真理恵

2004年に移住/2007年に移住

Read more…

旅をして、自然の中で暮らす。自分のやりたいことをやると決めたんです。

2016.11.10

下川に移住を決めたのは、世界一周の旅の最中でした。もう5年も終わりのないような旅をしていたのですが、日本に帰ろうと思って。

_mg_7687

栗岩 秀彦

静岡県出身 1991年に移住

Read more…

LINE@ 移住相談はじめました