【下川町地域おこし協力隊募集】発想力と運転スキルを活かして、地域課題を解決していくチャレンジャーを募集します!

2021年10月10日

北海道下川町

【どんな地域課題を解決するの??】


北海道下川町は人口わずか3,200人ほどの町。林業・林産業が盛んで、持続可能な町の取り組みを評価されてきました。近年は移住者も増加。小さいながらも活気あふれる町です。
最近、移住や関わりしろを探して情報を集めていると、「地域課題」という言葉を耳にすることが増えてきたと思います。人口減少によるプレイヤー不足が引き金となり、下川町のような小さな自治体では大小様々な、現状のままでは解決が難しい問題がゴロゴロしています。
この度は数多ある課題のうち、以下の3つの地域課題を解決する事業を展開しようと考えています。

1)高齢者等交通弱者の買物支援
⇒宅配業務を行っていた地域の商店の廃業にともない、高齢者等へ日々の食品や重量物を宅配可能な事業所がなくなり困っている。

2)宅配事業所の人材不足
⇒宅配事業所のドライバー不足を解消のため、過疎地域における共同配送が求められてる。

3)ハイヤードライバー不足
⇒町に唯一のハイヤー会社のため、スクールバスや乗り合いタクシー業務など町の委託事業も担っている。しかし、人材不足ため今後の運行が懸念されている。


  





【どんな仕事をするの?】



この仕事は、日本初のハイヤーによる「貨客混載」を実証し、事業化を目指していくことを目的としています。
それに向けた具体的な業務内容は、以下の通りです。

①町内の商店等から商品を高齢者等へ宅配(買物支援)する
②大手宅配事業者と連携し荷物の宅配を行う
③地域交通を継続・維持するために、ハイヤー会社のドライバー業務も担う

今年7月にこの業務を遂行するため、地域おこし協力隊として石田さんが着任しました。現在、上記の①②の業務を担っています。これから、買い物支援の対象となるお店が増え、荷物を引き受ける宅配事業者も増える予定です。
さらに、タクシーを使った「貨客混載」に向けた仕組みづくりも、これから手掛けていきます。その為、さらにもう1名の人員が必要となります。石田さんとタッグを組んで、日本初の事業を知恵と工夫で成功へと導いていきましょう!

  




貨客混載のイメージ図
普通自動車免許所持者は、お客様を載せずに荷物だけを宅配します。普通二種免許取得後は荷物とお客様を同一の車両に乗せ、目的地にお届けします。

貨客混載

【地域おこし協力隊の募集内容】


■雇用形態 :下川町地域おこし協力隊として町長が委嘱。宅配事業の受託者である株式会社下川ハイヤーが雇用。

■資  格:普通自動車免許 
(普通二種免許や大型特殊の免許保持者は優遇)
※普通二種免許を未取得の場合、3年目を目処に取得していただきます。ただし、費用は協力隊の活動費から負担します。

■月額報酬 :月額200,000円(住宅手当10,000円、時間外手当)

■勤務時間:週5日、1日8時間(変則勤務もあり)

■任  期:採用の日から最大3年間(1年更新)、任期後下川ハイヤーで採用予定

■福利厚生:社会保険(健康保険、厚生年金保険)、雇用保険、労働者災害補償保険に加入

■有給休暇:6ケ月継続勤務した場合、10日

■住  宅:公営住宅もしくは民間住宅を斡旋

■その他:株式会社下川ハイヤーの就業規則に準ずる

■申し込み方法:
問い合わせ先に郵送またはメールで随時お送りください。
なお、採用が決まり次第、本募集を締め切らせていただきますのでご了承ください。

■選考プロセス:
(1)「下川町地域おこし協力隊応募用紙」に必要事項を記入の上、お問合せ先の下川町税務住民課にメールで送信又は郵送してください。
(2)第1次審査:書類選考(必要に応じてリモート又は電話の面接選考あり)
(3)第2次審査:原則、来町していただき面接選考。(交通費、宿泊費等は、町から支給します。)

  

■お問い合わせ:
〒098-1206 北海道上川郡下川町幸町63番地
下川町役場 税務住民課 担当 高橋
電話01655-4-2511(111) FAX01655-4-2517
メール y.takahashi@town.shimokawa.hokkaido.jp



SHARE